冷え対策でカイロを効果的に貼るためにしておくべきこと

 

Twitterでこんなモーメントを発見。

寒い時期にありがたい情報です。

カイロ、ここに貼れますか?

さて、ここで紹介されている「風門」と「命門」という冷えに効果的なツボにカイロを貼るには、

  1. 服にカイロを貼ってから着る
  2. 誰かに貼ってもらう
  3. 自分で手を伸ばして貼る

と3パターン考えられますが、【3.自分で手を伸ばして貼る】しかない場合には、「手が届かないかも…」「背中を柔軟にして…」と心配する声がありますね。

カイロを貼るために「腕を背中側にまわす」という動きは、肩甲骨周りの筋肉の柔軟性が大事なんですが、普段から肩をグルグル回したり大きく動かす習慣がない人は多いので、肩回りは固くなりがち。

カイロを貼る動作を難しく感じるのもわかります。

普段の姿勢や「ストレートネック」との関係も

ところで、この肩甲骨周りの筋肉ですが、この筋肉が弱っていると、首の骨のゆがみ症状「ストレートネック」の原因になると言われています。

正常対ストレート1
肩甲骨筋肉首を後ろへ
TBS系列『名医のTHE 太鼓判 腰痛・肩こりを引き起こす体のゆがみ解消SP』2018年1月15日放送分

ストレートネックはスマホ操作時によくみられる首を前に伸ばした姿で、骨のゆがみだけでなく、見た目としてもカッコ悪い姿勢です。

スマホ首のイラスト

普段から自分の姿勢を、特にスマホを見ている時の姿勢を意識していれば、自然と肩甲骨周りの筋肉を使うことになるので、いざ肩回りを大きく使いたい時のための対処となるハズ。

つまり、

姿勢心配人

カイロを効果的に貼るための身体の準備は、姿勢でなんとかなる
ストレートネックペンギン体操
ストレートネック改善に効く「ペンギン体操」
姿勢おへそ_1
【解説】良い姿勢ってどんなの? おへそ意識ってどうやるの?