ファスナー、ジッパー、チャックの違い

ファスナー、ジッパー、チャックの違い

 

この記事は
「姿勢を正す」のと一緒に、「間違った認識を正す」シリーズです

今回は、日ごろよくお世話になっている【ファスナー】【ジッパー】【チャック】についてです。
ファスナーもジッパーもチャックも、なんとなく同じものに対して使っている言葉ですが、その違いって何なのか、その認識を正しましょう。

ファスナーのメーカーYKK株式会社の情報によると

  • 1891年に米国がファスナー生まれた
  • 1921年に米国のメーカーが、閉める時の音「Zip」からファスナーを「ジッパー」と命名し、その呼び名が浸透した
  • 日本では、1927年に尾道で「巾着(きんちゃく)」からもじって、ファスナーを「チャック印」として販売したところ評判になり、「チャック」という名前が定着した

つまり、もともと【ファスナー】として生まれたものが、国によって言い方が変わり、【ジッパー】【チャック】という呼び方が一般化したということですね。

日本では3つの呼び名が全部通じるけど

ただ、アメリカで生まれた呼び名である【ファスナー】【ジッパー】は日本でも通じますが、日本で生まれた【チャック】はアメリカでは通じませんので、ご注意を。

ちなみに【ファスナー】のことを英語では【slide fastener(スライドファスナー)】と言うのが一般的。
【ジッパー】は英語でもそのまま【Zipper(ジッパー)】です。

国によって違う

チャックやジッパーのように、世界ではファスナーを別の名前で呼んでいる国や地域があるようです。むしろファスナーって少数派!?

国別ファスナーのイラスト
引用:YKK株式会社HP

ということで

まとめ
【ファスナー】【ジッパー】【チャック】はそれぞれ同じものだけど、ファスナーがオリジナルの呼び方。国ごとに違う呼び名が生まれたってだけでした

身体の姿勢と一緒に、ファスナーの認識も正しておきましょう。

参考 「ファスナー」と「チャック」と「ジッパー」の違いYKK株式会社

だそうですが

なるほどな、ファスナーが世界共通なわけね

 

でも、どこもファスナーで呼ばへんねんな

 

まぁジッパー、チャック、あと中国のラーリェンはわからんでもない
ファスナーと同じで一言で言えるからな

でも、フランスと南米の呼び方よ

 

「オマエのフェルメチュール・ア・グリシェールがあいてるで」って長過ぎ

 

本来の名前よりも圧倒的に長い呼び名が広まるってどーゆーことやねん
ファスナーの立場ないよな

 

ファスナーがかわいそうやわ

 

そうでもないけどな