外見変えるなら整形でも髪でもなく姿勢じゃない?

歯の着色が気になって、なかなかのペースで歯医者に行っては簡単に汚れとってもらってます。
いつかガチのホワイトニングで芸能人みたいな歯にしてみたい。

というこで、姿勢心配人のアキラです。

歯も含めてですが、外見って気になりますよね
自分の外見はもちろん、他人のも。

社会との最初の接点と言いますか、第一印象としての役割がありますし、初見かどうかにかかわらず、その人の人間性を判断する材料として非常に大きい要素です。

今回はそんな外見と姿勢についてです。

スポンサーリンク

外見を変えるのは大変

自分の外見にコンプレックスというか不満を持っている方って少なくないと思います。

あるいは別に不満でなくても、何か外見に変化をつけて気分を変えたり、状況を変えるきっかけにしたいって思うこともあります。

でも外見ってなかなか変えることができないですよね

 

お金がかかる

外見を変えることについて、まずイメージするのは美容整形ですかね。
自分の努力ではどうしようもないことでも、医学的なアプローチで願いを叶えてくれます。

オペの様子

最近では整形すること自体そんなに珍しいことではなくなってきていますが、内容によっては費用がかさむということで、興味があっても踏み込めない方は少なくないんじゃないかなと思います。

また、髪型・髪色を変えたりネイルを変えたり、服の趣味を変えたりすることも外見の変化と言えると思うんですけど、こういったこともお金がかかりますよね。

 

時間がかかる

美容整形や髪型を変えるということも、実際にその施術を受けるまで時間がかかっています。

そして、さらに時間のかかる外見の変化といえばダイエットでしょう。

ダイエットは、いざ取り組んでも結果が出るまで数週間かかることは当たり前。
取り組む内容によっては苦しみを伴うこともあり、そういったダイエットメニューだと時間がかかるほど辛くなります。

 

いい結果となるかはわからない

美容整形でも美容院でも、施術を受けた結果に満足するかどうかは保証されません。
100%施術がうまくいくということはないし、オーダー通りに施術され成功しても、自分がその結果に満足するとも限りません。

切りすぎた男

あと、これは余計なことかもしれませんが、見事施術がうまくいって自分もその結果に満足でも、自分の変化を周りの人も同じように肯定してくれるかどうかはわかりません。

ダイエットに関しても、そもそも続くかわからないし、ちゃんと続けてもいい結果がでないこともある。
さらに、ちゃんと数字上では結果が出ていても、誰にも気づいてもらえない、なんてこともあるかもしれません。

 

周囲の評価が結構大事

整形もそうだけど、髪型を変えたりお化粧を変えたりネイルを手入れしたり、そうやって自発的に外見を変えた時、周囲の人から気づいてもらえると嬉しいものですよね

髪を切った時に
「髪切った?」
って気づいてもらえたことで嬉しくなるって話は女性には多いし、男性だって髪型を変えて
「似合ってるやん」
って言われたらテンション上がります。

逆に、個人的にはかなり大きな変化をつけたつもりでも、誰からも気づいてもらえなかったり、何も言われなかったりすると
「似合ってないのかな?」
と不安になったりもします。

 

姿勢は全部大丈夫

その点、姿勢はどうでしょう。

 

お金、かかりません

貯金箱のイメージ

良い姿勢は誰にでもできます。
姿勢なんて、自分が思っている「これが良い姿勢」という形を真似すればいいだけです。

もちろん、生態学的な理想(と言われる)の姿勢はありますが、ある程度世間に広まっており、だいたいの人が持つ良い姿勢のイメージはそれと大きく違いませんから、イメージを身体で示せば良い姿勢ができます。

  • 背すじを立てる
  • 胸を張る
  • 目線を上げる

など、それらしいことをするだけで良い姿勢ができることは多くの方が知っています。

 

時間、かかりません

上記した良い姿勢のためのそれらしいことなんて、今すぐできます。

そして、周りの人に気づいてもらうチャンスもすぐきます。

「なんか今日姿勢いいね」
って、実践してすぐ言われる可能性はあります。

ダイエットしてて
「痩せたね」
って言われるのにどれだけ時間かかるかを考えたら、お得じゃないですか?

 

失敗、(ほぼ)ありません

良い姿勢の失敗といえば、胸を張りすぎて腰を反らせる、くらいでしょうか。
あとは呼吸を止めないこと。そこさえ注意していれば、あとはイメージ通りで間違いないはずです。

 

悪く言う人いませんし、何も言われなくてもなんとも思いません

姿勢が良くて悪く言われることって何かありますか?

例えば社内でひたすら猫背でいたら
「なんか元気なさそう、こっちまでテンション下がる」
とか
「そんな頼りない姿勢されたら一緒に仕事したくないわ~」
って言われるかもしれません。

でも姿勢が良い分には、何か言われたとしても
「お、今日なんか姿勢良いやん」
って褒められるくらいで、ネガティブな意見を言われる筋合いはありませんよね。

謙遜する女性

もちろん何も言われなくても問題ないですし、
「アレ、あの人今日なんかイイ感じ♪」
って密かに思われるかもしれないし、初めて会う人には
「あの人姿勢よくてなんか頼れそう、ステキ!」
ってなる可能性もあります。

 

まとめ

とにかく、外見変えるって結構大変なことなのに、

誰にでも、今すぐにできて、その結果すぐ良い評価をもらえるかもしれない

こんなこと、やらない理由ありますか?

確かに、悪い姿勢が習慣となっていしまっている方には良い姿勢を継続することは大変かもしれません。

でも良い評価をもらえば続けるモチベーションにもなりますし、続けていれば習慣になります。

他の人の姿勢を褒めたりすると、その人が自分の姿勢を褒めてくれるようになるかもしれないので、周りの人と影響し合って良い姿勢をする環境を作っていくことも一つの手ですね。

いつやるの?今でしょ
 
 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る