【姿勢にも影響】股関節の状態を簡単にチェックする方法

股関節状態簡単チェック法

 

「良い姿勢のために、股関節が大事」という情報を聞いたことはありますか?

姿勢というと背中や腰など上半身のイメージが強く、股関節が影響しているとは考えにくいかもしれません。

そんな中、2017年9月27日のNHK『ガッテン!』では「股関節が原因の腰痛」について放送していて、その内容は腰痛に限らず姿勢にも大きく影響するものでした。

ここでは、その番組の内容を参考に、「股関節と姿勢」についてお伝えします。

股関節とは

まずは、股関節について簡単に説明。

股関節_ガッテン
出典:腰痛改善の新たな一手!珍体操で劇的改善SP - NHK『ガッテン!』

股関節は、上半身と下半身のつなぎ目にあたる、画像の赤足部分。
体重を支える関節で、歩いたり、階段を昇ったり、しゃがんだりと、日常生活の多くの活動に関連します。

股関節_ガッテン_2
出典:腰痛改善の新たな一手!珍体操で劇的改善SP - NHK『ガッテン!』

股関節の動きが悪くなると、あぐらで座ることができなかったり、立って靴下を履けないなど、動きに制限がでてきます。

股関節の状態チェック法

番組では、京都大学大学院医学研究科助教の建内宏重先生による、股関節の状態を簡単に確認する方法を紹介。

  1. 四つんばいになる
  2. お尻を後ろに動かしていく

これだけです。簡単ですね。

逆に股関節が正常な状態だと、お尻を後ろに引いても背中を真っすぐに保つことができます(画像上)が、股関節の動きが悪いと、お尻を後ろに引いた時に腰、背中が丸くなります。(画像下)

股関節_ガッテン_4
出典:腰痛改善の新たな一手!珍体操で劇的改善SP - NHK『ガッテン!』

画像には「猫背タイプ」とありますが、これは四つんばいでお尻を後ろに引いた時に猫背になってしまうということで、普段の姿勢が猫背かどうかは関係なく、この動きではあくまで股関節の状態だけを評価します。

番組では、お尻を引いた時の骨格の動きを、わかりやすくイラストを使って説明していました。

股関節_ガッテン_3
出典:腰痛改善の新たな一手!珍体操で劇的改善SP - NHK『ガッテン!』

上は四つんばいにセットした状態。

左下は股関節が正常に動き、四つんばいからお尻を引いても背中が真っすぐに保たれています。

右下はお尻を引こうとしても股関節の動きが悪く、引っかかるように骨盤が傾くことによって背中が丸まることがわかります。

股関節の動きと腰へ影響

股関節が悪いと腰にくる

下のイラストは、重いものを持ち上げる時や、階段を昇る時に、股関節の動きが不十分だと腰に負担がかかることを説明しています。

股関節_ガッテン_5
出典:腰痛改善の新たな一手!珍体操で劇的改善SP - NHK『ガッテン!』

イラスト左では、重たいものを持ち上げる時に、股関節が十分に動かないと十分にしゃがむことができず、背中を曲げて荷物に手をかけています。

深くしゃがみ込むことで、ものを持ち上げる際に下半身の筋力を使って上げることができますが、しゃがむことができないと下半身を使えないため、曲がった腰に大きな負担をかけて持ち上げることになります。

イラスト右は階段を昇る動作で、股関節の動きが悪いと足が上がらず、股関節の代わりに腰を曲げて足を上げる必要があり、腰に余計な負担をかけてしまうことになります。

股関節の動きが悪いと腰への負担は2倍に

番組で紹介していた、歩行時の腰への負担を解析した調査によると、

股関節_ガッテン_6
出典:腰痛改善の新たな一手!珍体操で劇的改善SP - NHK『ガッテン!』

  • 股関節が正常な人は腰にかかる負荷が体重の84%
  • 股関節の動きが悪い人の場合は体重の169%

という結果に。

つまり、股関節の動きが悪い人は、正常な人の2倍も腰への負担が大きいということで、これが【股関節が原因で腰痛になる】という話の筋でした。

股関節の動きと姿勢

ここまでは【股関節と腰痛】についての話でしたが、股関節の状態が悪いと背中・腰が丸くなることから、股関節が姿勢にも影響することがわかります。

日常生活での姿勢は意識的に正す必要がありますが、どれだけ意識しても、股関節など身体の状態が整っていなければ良い姿勢はできないということですね。

股関節の状態と筋肉

股関節の状態は、主に股関節周りの筋肉の状態によって決まります。

股関節の周りには大小23もの筋肉があり、身体の表面に近い部分には大きくて頼もしい筋肉が、そして深層部にはインナーマッスルと呼ばれる小さな筋肉があります。

股関節の状態が悪い人は、普段足を動かす時に表面側の大きな筋肉(イラストのオレンジ部分)ばかりを頑張って働かせ、小さな深層部にある筋肉(イラストの青い部分)を怠けさせてしまいます。

股関節_ガッテン_12
出典:腰痛改善の新たな一手!珍体操で劇的改善SP - NHK『ガッテン!』

深層部の筋肉は股関節に直接ついているのですが、サボり続けて機能が衰えると、股関節を動かしにくくなります。

 

この状態を改善するためには、日頃から深層部の筋肉を刺激し、ちゃんと機能する筋肉にする必要があります。

股関節_ガッテン_11
出典:腰痛改善の新たな一手!珍体操で劇的改善SP - NHK『ガッテン!』

それができれば、イラストのように大きい筋肉と小さい筋肉がお互い助け合いながら働き、股関節が滑らかに動きやすくなります。

股関節の動きを改善させる体操

股関節に直接ついている深層部の筋肉を刺激して、股関節の状態を改善させるにはどうすればいいのか。

番組で紹介していた3つの体操は下の記事で確認していただけます。

股関節にパカパカフリフリ体操股関節の状態を改善させるパカパカ、フリフリ体操

まとめ

番組のメインテーマは「股関節と腰痛」でしたが、「股関節と姿勢」の理解にも役立つ内容でした。

つまりは股関節の状態を良くすることで、腰痛改善・予防になるうえに良い姿勢もしやすくなる、ということですね。

股関節の状態をチェックしてみて、良い姿勢で過ごせる身体の状態にしましょう。

良い姿勢にならない理由1骨盤矯正やヨガでも無理 何をしても良い姿勢にはならない理由