なぜ股関節が姿勢に大事なのかよくわかった件

股関節_ガッテン

 

 

今の姿勢で大丈夫ですか? 姿勢心配人です。

 

良い姿勢のために、股関節が大事だという情報を聞いたことはありますか?

姿勢というと背中や腰など上半身の形が印象を決めているイメージで、股関節が影響しているとは考えにくいと思う人も多いかと。

そんな中、2017年9月27日放送のNHK『ガッテン!』で「股関節が原因の腰痛」について放送していて、その内容が腰痛に限らず姿勢にも大きく影響するものでした。
さすがNHKさんのお仕事で、股関節と姿勢の関係がわかりやすく紹介されていたので、ここでは、番組からの情報とともに「股関節と姿勢」についてお伝えします。

股関節とは

まずはじめに股関節について簡単に説明します。

股関節_ガッテン
出典:腰痛改善の新たな一手!珍体操で劇的改善SP - NHK『ガッテン!』

股関節は足の付け根にあって、骨盤と太ももの骨が接する部分のことを言います。
上半身と下半身のつなぎ目にあって、体重を支える関節です。
歩いたり、階段を昇ったり、しゃがんだりと、日常生活の活動にすごく影響する間接ですね。

股関節_ガッテン_2
出典:腰痛改善の新たな一手!珍体操で劇的改善SP - NHK『ガッテン!』

股関節の動きが悪くなると、あぐらで座ることができなかったり、立って靴下を履けないといった動きに制限がでてきます。

 

股関節の状態チェック法

番組では、京都大学大学院医学研究科助教の建内宏重先生を迎えて、股関節の状態を簡単に確認する以下の方法を紹介していました。

  1. 四つん這いになる
  2. お尻を後ろに動かしていく

これだけです。
この方法では、お尻を後ろに引いた時に、骨盤の角度が変わり腰が丸くなったり、背中が丸くなったりすると、股関節の動きが悪いことがわかる、とのことです。

股関節_ガッテン_4
出典:腰痛改善の新たな一手!珍体操で劇的改善SP - NHK『ガッテン!』

股関節の動きが悪いままお尻を後ろに引くと、腰・背中がお尻に引っ張られるように動き、丸くならざるをえません。
逆に股関節が滑らかに動いてくれると、お尻を後ろに引いたとき、背中を真っすぐに保つことができます。

画像には「猫背タイプ」とありますが、これは四つん這いでお尻を後ろに引いた時に猫背になってしまうということで、普段の姿勢が猫背かどうかは関係ありません。
この方法はあくまで股関節の動きだけを評価します。

番組では、わかりやすくイラストを使って説明してくれていました。

股関節_ガッテン_3
出典:腰痛改善の新たな一手!珍体操で劇的改善SP - NHK『ガッテン!』

上は四つん這い。

左下は四つん這いからお尻を引いた時に、股関節が正常に動いている状態。
背すじが真っすぐに保たれています。

右下は四つん這いからお尻を引いた時に、股関節の動きが悪い状態。
骨盤が後ろ側に傾き背中が丸まっていることがわかります。

 

股関節の動きが悪いと腰への負担が2倍に

下のイラストを見てください。
重いものを持ち上げる時や、階段を昇る時に、股関節の動きが不十分だと腰に負担がかかりますよ、ということを示したものです。

股関節_ガッテン_5
出典:腰痛改善の新たな一手!珍体操で劇的改善SP - NHK『ガッテン!』

イラスト左は重たいものを持ち上げる動作で、股関節が十分に動かずに膝を曲げることができず、腰を曲げて荷物に手をかけています。
膝が十分に曲がっていれば、下半身の筋力も使って持ち上げることができますが、それができないため曲がった腰に大きな負担をかけて持ち上げることになります。

イラスト右は、階段を昇る動作です。
股関節が十分に動けば主に下半身の力だけで足を上げることができますが、股関節の動きが悪いと足が上がりません。
そのため、股関節の代わりに腰を曲げて足を上げる必要があり、腰に余計な負担をかけてしまうことになります。

番組で紹介していた、歩行時の腰への負担を解析した調査によると、股関節が正常な人は腰にかかる負荷が体重の84パーセントだったのに対し、股関節の動きが悪い人の場合は体重の169パーセントとなっていました。
つまり、股関節の動きが悪い人は、股関節が正常に動いている人より2倍も腰への負担が大きいということです。
これが、【股関節が原因で腰痛になる】という話の筋でした。

股関節_ガッテン_6
出典:腰痛改善の新たな一手!珍体操で劇的改善SP - NHK『ガッテン!』

 

股関節の動きが悪いと姿勢も悪くなる

座る女性_猫背_1

ここまでは番組で説明していたことなんですが、ここまで見ていて気づいたこと。
それは、姿勢良く動作をしようと意識しても、股関節の動きが悪いと良い姿勢をしたくてもできないということです。

一気に姿勢と股関節がつながりました。
姿勢が悪い原因は普段の生活での習慣や意識もありますが、骨盤・骨格のズレも大きな要因の一つです。
そしてその中には、股関節の状態も原因の候補として考えるべき、ということですね。

股関節の動きが悪ければ、下半身を動かすたびに股関節の代わりに背中・腰が丸くなってしまい、そもそも良い姿勢ができなくなってしまうんですから。

当サイト『おへそワークス』では姿勢の意識を思い出してもらうコンテンツを配信していますが、どれだけ意識ができていても身体の状態が整っていなければ、良い姿勢はできないということです。

 

股関節の動きを改善させる体操

話はまた番組の内容に戻ります。

ここまで、股関節の不調が腰痛や不良姿勢につながることを確認してきました。
では、その股関節の動きを改善させるにはどうすればいいのか。

番組では3つの体操を紹介していました。
それぞれの体操を一日10回×2セットやると効果があるそうです。

パカパカ体操

股関節_ガッテン_7
出典:腰痛改善の新たな一手!珍体操で劇的改善SP - NHK『ガッテン!』

  • 椅子に座って両脚をパカパカ広げたり閉じたりする

これだけです。超簡単。
広げる角度やスピードを気にする必要はなく、力を抜いて楽にやればいいとのことです。

 

お尻フリフリ体操

股関節_ガッテン_8
出典:腰痛改善の新たな一手!珍体操で劇的改善SP - NHK『ガッテン!』

  • 足を軽く広げて立ち、手を腰に当ててゆっくり腰を左右に動かす

これだけです。これまた超簡単。

 

四股スクワット

股関節_ガッテン_9
出典:腰痛改善の新たな一手!珍体操で劇的改善SP - NHK『ガッテン!』

  1. 両足を肩幅より広めに広げる
  2. つま先は斜め前の方向
  3. 背すじを伸ばし前傾姿勢を保ちながらゆっくり腰を落とす

の繰り返し。
3つの体操の中では最も難しく、負荷が強い体操です。
といっても、簡単です。

 

体操を実践した人はこうなった

股関節の動きが不十分だった人が、パカパカ体操などを2週間続けた結果、股関節の状態チェック法で下の画像のような違いが出ました。

股関節_ガッテン_10
出典:腰痛改善の新たな一手!珍体操で劇的改善SP - NHK『ガッテン!』

股関節の状態が改善され、四つん這いでお尻を後ろに引いても真っすぐな背中を維持できていることがわかります。

 

パカパカ体操がなぜ股関節に効果的なのか

股関節に直接作用する筋肉は、身体の奥深い場所にある深層筋(インナーマッスル)になります。
股関節の周りには大小23もの筋肉があり、身体の表面に近い部分には大きくて頼もしい筋肉がたくさん。
普段足を動かす時はそれらの大きな筋肉が頑張ってくれるので、小さな深層筋は怠けてしまい、弱ってしまいます。
このため、いざ股関節を動かそうと思っても、股関節に直接ついている筋肉の機能が低下し股関節が動かない、ということ。

股関節_ガッテン_12
出典:腰痛改善の新たな一手!珍体操で劇的改善SP - NHK『ガッテン!』

イラストは、オレンジの大きい顔が大きい筋肉。
青い小さい顔が股関節に近い深層筋です。
大きい筋肉だけ頑張っていて、小さい筋肉ががっつりサボっている様子です。
この野郎。

上で紹介したパカパカ体操などの運動は、股関節の深層筋を刺激し働かせる効果があります。
この体操によって股関節周りのインナーマッスルを、ちゃんと機能する筋肉の状態へと戻します。

股関節_ガッテン_11
出典:腰痛改善の新たな一手!珍体操で劇的改善SP - NHK『ガッテン!』

イラストのように、大きい筋肉とともにインナーマッスルもちゃんと働くと、股関節が滑らかに動くようになるうえに、周囲の大きな筋肉の負担も減ります。

ちなみに、よく「股関節のストレッチ」が紹介される情報がありますが、股関節のインナーマッスルを刺激するためにはストレッチ(伸ばす)よりも縮ませる(収縮)ことが大事になります。
筋肉は基本的に縮みながら力を出すので。
パカパカ体操で目覚めさせてあげましょう。

 

まとめ

番組のメインテーマは「股関節と腰痛」でしたが、ちょうど「股関節と姿勢」の理解にも役立つ内容でした。
つまりは股関節の状態を良くしておくと、腰痛改善・予防にもなるし良い姿勢もしやすくなりますよ、ということで一石二鳥なわけです。

こちらは姿勢情報の種類でいうと『状態姿勢』なわけで、例え股関節の状態が完璧だとしても『する姿勢』ができていないと姿勢への影響はありません。
結局は意識も必要なので、「股関節パカパカしておけば良い姿勢になるんでしょ」と勘違いしないよう気をつけましょう。