猫背で早食いは”死”を招くけど、それでもやる?

早食いは姿勢的にもヤバいよ

 

日刊SPA!に『早食いは最悪“死”を招く悪習慣』って記事が出てるんですが、これは姿勢で何とかなる件なのでご紹介します。

日本人の糖尿病が増えている

この記事のタイトルにある「”死”を招く~」は、死に直結する病気である「糖尿病」のこと。
2016年に発表された統計によると、日本で糖尿病が強く疑われる人は1000万人と過去最多。
どんどん増えているみたいですね。

日本人はランチタイムが短すぎる

専門家は、日本人の糖尿病の増加は食の欧米化が関係する説があるとしながら、それ以上に問題だと指摘しているのが、日本人に多い早食いです。

日本人が早食いだという根拠とも言えるのがランチタイムの長さ。
フランスではランチに1時間以上かけるそうですが、日本人の昼食時間の相場は20分だそうで、短いですね。
そして、その昼食時間と糖尿病がどう関係するか、記事では以下のように説明されています。

糖尿病の原因である、インスリンの働きの低下は“急激な血糖値の上昇”を繰り返すことで起こりますが、そこにカロリーはあまり関係ない。重要なのは“食事時間”。例えば同じカロリーのカツ丼とカツ煮定食を比較した場合、前者のほうが血糖値が上がりやすい。定食の場合は一気にかき込むのではなく、箸を運ぶ手数が増えることで、自然と噛む回数が増え、食事の時間も長くなるからです

つまり、早食いをすると血糖値が急上昇して糖尿病の原因になるってことですね。
20分で昼食を済ます日本人に、糖尿病が増えるのもわかる気がします。

食事中の姿勢に注意

早食いの日本人が多くて糖尿病が増えているということですが、それは食事中の姿勢に問題があるとも言えます。
というのも、一気にかきこむ食べ方をしている時は不良姿勢になりがち。
早食いをしてしまう飲食店として牛丼屋が想像できますが、背中を丸くして食べている人が多いはず。
その姿勢のほうが、丼から口へガッツリかきこみやすいですからね。

逆に、姿勢良くいると早く食べることは難しくなります。
そうすれば問題の血糖値の急上昇も抑えることができます。
お箸を上手に使わないといけませんし、見た目にも丁寧になりますしね。

まとめ

まとめ
食事中の姿勢に気をつければ早食いも糖尿病も防げるよ
参考

日本人のランチタイムは平均20分 早食いは最悪“死”を招く悪習慣日刊SPA!

ちなみにこの参考記事は、週刊SPA!12月26日号掲載「日本人を不健康にする実は[ヤバい悪習慣]」の一部です。

ということですが

丼より定食か

でもやっぱ丼がいいって時もあるよな

 

ゆっくり食えばええんやろ?

イクラ丼を、ご飯粒一粒にイクラ一つ乗っけて食べるくらいでいけばいいよな?

 

糖尿病は防げるかもしれんけど、ストレスで他の病気なるわ

 

イクラがちゃんと米粒に乗っかる度に嬉しくなって、食事が楽しそうやけどな

 

イクラで遊ぶなや

 

ちゃー

 

イクラちゃんすな

 

たむけんやし

 

どっちでもええわ