日本人ってそんなに姿勢悪いの?ってことについて

姿勢心配人のアキラです。

ネット上で姿勢について検索すると、「日本人の9割は猫背」「世界中で日本人が一番姿勢が悪い」「海外にいても日本人は姿勢が悪くてすぐに目につく」といった情報を目にします。

実際、日本で街中を見渡したり、大勢が座っている飲食店なんかにいると猫背の人が大半で、日本人の9割が猫背というのもあながち言い過ぎとは思いません。
とにかく、ほとんどの日本人が良い姿勢だとは言えないということは確かだと思います。

ただ、ホントにそんなに日本人の姿勢と外国人の姿勢の良し悪しって違いがあるのか、差があるのか、姿勢心配人として様々な人の姿勢を見て、かつ海外生活経験もある私の考えを書きます。

スポンサーリンク

なんで日本人は猫背が多いんだろう

歴史・文化

田植え_1

よく言われるのは歴史的・文化的背景から生まれた骨格の構造的な違いや、筋肉の機能的な違いを理由にした理論。

狩猟民族だった欧米人に比べて、農耕民族だった日本人は生活の中で腰を曲げている時間が多く、狩猟民族の欧米人は背を伸ばして活動することが多かったため、現代のいわゆる良い姿勢をすることに関しては、狩猟民族の文化系統が対応しやすいとのこと。

また、イスに座る時の姿勢に関しては、欧米人は元来イス文化でイスの座り方が上手なのに対し、日本人がイスに座りだしたのは歴史的にごく最近なため、身体に負担のかからない座り方は下手だという指摘もあります。

歩き方も、農耕民族だった日本人は身体の前側の筋肉をよく使うのに対し、狩猟民族の欧米人は身体の後ろ側の筋肉を使うことが多く、その筋肉の使い方が歩いている時の姿勢に影響しているとのこと。

また、これも文化的な背景ですが、食事のスタイルを理由にする論も。
日本ではものを食べるときに器を手に持ったり、うどんやそばのように前にかがんで食べることがありますが、西洋では器を手に持つことや、前かがみになりながら食べることはマナー違反とされていて、これも欧米人の姿勢習慣と関連がありそうです。

 

性格

お辞儀する女性

あとは性格、というか控えめで自己主張が少ない国民性が影響しているとの説。
何事にも「すいません」と謝罪から入ることの多い日本人は、何をするにも申し訳なさそうな気持ちや自信のなさそうな様が姿勢に表れていて、猫背が多いという考え方。
個人的にはすごく納得してしまいます。

 

欧米人は本当に姿勢がいいのか?

海外で見た現地の人たちの姿勢

「日本人の姿勢が悪い」と発信している情報元は、実際に海外に行かれたり海外で生活されている方であることが多いです。
ただ、私自身海外(ニュージーランドとオーストラリア、英国系の人が多いので欧米人の血筋が多い地域)で2年ほど生活をしたことがありますが、実は現地の人に対して姿勢良いなって感じたことはありません。
そして、逆に日本人は姿勢悪いなってことも感じませんでした。

デスクワーク中の男性

 

確かに筋肉の大きさや肥満の人の肉のつき方に違いは感じますし、立ち姿は日本人より海外の方がシャキッとしている印象はあります。
でもそれは、単にデカくて上下に長く見えているだけの場合もあるし、肥満の人が多くお腹がジャマで前かがみにならず、反り腰になっていることが多かったからじゃないかと思います。
そして座る時には欧米人だってパソコンの前で前かがみな姿勢をするし、ソファではラクに、だらしなく座ります。
普段の姿勢だけをみれば、日本人とそんなに大きな違いがあるとは、私個人としては感じませんでした。

アメリカの野球の審判_1

「海外にいても日本人は姿勢が悪くてすぐに目につく」と言っている情報は、気持はわかりますが、日本人が海外で日本人を見つけたら、「あ、あの人日本人っぽい」と勘づきやすいし、やはり全体的に身体の大きな欧米人の中に比較的小さなアジア人で、しかも韓国人や中国人ともなんとなく違う見慣れた雰囲気の自国民を見つけやすいのは当然です。
純粋に姿勢だけで判断しての意見だとは思えません。

 

欧米人も姿勢を心配している

外国人女性_1

実際、英語で姿勢を意味する単語「posture」でgoogle検索すると、姿勢改善のためのエクササイズや、正しい姿勢がどんなものか、正しい姿勢のメリットと悪い姿勢のデメリットについて書かれた情報など、日本語で「姿勢」と検索した時と同じような情報がたくさん出てきます。

また、「猫背」に相当する「stoop」や、姿勢が悪いという意味の「poor posture」、前かがみ姿勢でこれも猫背に近い意味だと思われる「slumped position」「slouching posture」「bent back」といった単語や熟語があって、姿勢を注意する表現として使われています。
骨格などから何もしなくても良い姿勢でいそうなイメージのある欧米人ですが、やはりちゃんと意識するよう注意する慣習があることから、おそらく姿勢は大事で疎かにしてはダメだよって意識としては、日本も欧米もそう違わないという印象です。

トレーニング中の女性_1

そして【意外?】北欧人の姿勢が危ないにも書いたように、スマホをはじめとしたモバイル機器や、インターネットなどデジタル情報を確認するためのスクリーンをのぞき込む仕草が全世界で日常化していることから、もはや日本人だけが圧倒的に姿勢が悪いとはとても思いません。

 

「欧米◎ 日本×」の偏見

そんな中でも日本人の姿勢が欧米人に比べて悪いという情報がたくさん出てくるのは、やっぱり日本人が持つイメージや偏見にあるのかなと思います。

日本のアパレル業界や美容業界に欧米人モデルがよく起用されているように、未だに根強い欧米に対する憧れや、日本人の国民性ともとれる控えめな物言いが、「欧米◎ 日本×」な考え方を助長している気がしますね。

カフェ店内_1

日本は海外、特に欧米から多くのモノや文化を取り入れてきて、それらから感じられるハイカラ(死語?)な雰囲気をカッコイイって思ってきただけに、そんな気分にさせてくれるモノや文化を持つ欧米人はスゴイ、カッコイイと思いやすいのかもしれません。
そんな気持ちはわからなくもないですけど、日本人が日本人を卑下することに繋がっているとすればよろしいことではないですね。

「世界中で日本人が一番姿勢が悪い」という意見も、海外で日本人を見ると周りに比較対象となる欧米人がたくさんいて「やっぱり日本人ってこうだよね」って思いやすい環境になりますし。

 

見た目ではかなり損をしている

姿勢が悪いのは日本だけではないということを書いてきましたが、少なくとも外国人からの評価に関しては日本人が姿勢によって損をしていることは明らかなようです。

もったいないyo

オムロンヘルスケアとワコールによる『女姿力(じょしりょく)向上プロジェクト』が実施した
外国人男性に聞いた日本人女性の歩き方に関する調査」によると、

  • 日本人女性を「カワイイ(Kawaii)」と思うか聞いたところ、外国人男性の98%が日本人女性を「カワイイ(Kawaii)」と思っているという結果に。
  • 日本人女性を「カワイイ(Kawaii)」と思う部分を聞いたところ、「顔・メイク」、「雰囲気」、「髪型」、「体型」、「服装」と、外見に関する項目が上位を占めた。
  • 日本人女性の残念だと思う部分やカワイくないと思う部分についての質問では、「歩き方」がもっとも多く64%、「姿勢」も42%と多数。

つまり、外国人からすると日本人女性は可愛いんだけどモッタイナイという風に見られているという調査結果です。
日本人女性は服装やメイク、髪型といった部分には気を使っているのに、歩き方や姿勢の意識は低いということですね。

外国人に調査した結果なので「あたし日本人にしかキョーミないしー」って方には関係ないと思われるかもしれませんが、日本人の男性も見る人は見るだろうし、外国人の多くがこの調査結果のように思っているのであれば、やはりかなり多くの日本人女性の姿勢は良くないということ。
これをみて姿勢の改善を心に決めた方は、それだけで日本にいる他の多くの女性より女子力(女姿力)の面で一歩も二歩も先をいくことになりそうです。

姿勢は大丈夫か

 

まとめ

日本人の多くが良い姿勢とはいえないということは、間違いないのでしょう。
ただ、外国人(欧米人)と比べて悪いとか、日本人が世界で一番だらしない姿勢の国民だよってことはないはずです。
身体的な特徴に違いはあれど、良い姿勢をするためにはある程度の意識が必要なのは万国共通で、モバイル機器を扱うことが当たり前の現代にとっては、どこの国の人だろうがより姿勢に対する意識が必要になっています。

また、外国人から見て、日本人は悪い姿勢のせいで見た目上損していることは本文で述べた通り。
訪日外国人が増え続け、2020年には東京五輪が開催されるなど、ますます海外の人との接点が増えてきます。
海外の人により日本を、日本の人を評価してもらえるように、そしてもちろん国内でも自分の評価を高めるために、より姿勢を意識して生活していく必要はありそうです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る