「小春日和」の使い方を正しましょう

小春日和の使い方

 

この記事は
「姿勢を正す」のと一緒に、「間違った認識を正す」シリーズです

今回は「小春日和」です。

「春」という字が入っているため、春の時期にある「ぽかぽかした陽気な日」と認識しているかもしれません。
しかし、小春日和は秋から冬に使う言葉なんです。

「小春日和」を使う時期

小春とは旧暦の10月のことを表す言葉で、冬の季語とされています。
旧暦の10月とは、現代だと11月から12月初めを指していて、秋の終わりから冬のはじまりのこと。

「日和」には、晴れていい天気の意味があるので、「小春日和」とは、秋から冬にかけて訪れる、春のような暖かい天気のことを言います。

他の「小春~」

「小春日和」の他にも「小春」を使う言葉がありますが、どれも使われる時期は11月から12月初めです。

    • 小春空:小春のころの、穏やかに晴れた空
    • 小春凪:小春のころの、穏やかな海のなぎ
    • 小春日:小春のころの穏やかな日。また、その日ざし

goo辞書より

海外にもある「小春日和」

英語ではインディアン・サマーと呼ばれています。

アメリカ大陸の先住民族・インディアンの伝説では、【神様が冬の前にキセルでタバコを吸い、その煙が暖かな一日を生み出す】と信じられており、そこから秋に暖かい日が数日続くことをとインディアン・サマーと言います。

インディアン・サマーの由来には諸説あるようですが、姿勢心配人はこの説が好きです。
現代では副流煙(二次喫煙)が気になるところですが、伝説ということで。

ちなみに、他の説では

  • インディアンの習慣として越冬準備のための狩猟に出る日が冬前の暖かい日だったから
  • インディアンたちが植民者から奪われた土地を取り返しに襲撃する時期を、冬に来る暖かい日に当てはめていた

といったものがあります。

 

まとめ
「小春日和」は春とは関係ない、秋から初冬にかけてくる暖かい天気のこと

もう11月だってのに、天気予報のお姉ちゃんが「小春日和」って言ってて何言ってんだコイツ
カワイイからって適当なこと言ってんじゃねぇよ

って思ってたけど、すいませんでした

もし勘違いして覚えていたら、身体の姿勢と一緒に、知識も正しておきましょう。