これでアナタも姿勢専門家!姿勢に関する資格まとめ

しせいのしかく

姿勢心配人のアキラです。

私は『スタビライゼーション』というトレーニングメソッドの資格を取得しています。
これは現在世に広まっている体幹トレーニングやコアトレーニングの基礎となったメソッドで、良い姿勢を維持するための体幹の重要性を確認したこと、そして学生時代トレーニングに取り入れていて馴染みがあったことから取得に至りました。

この資格、知識をもって『おへそワークス』の運営と平行して、体幹トレーニングを指導するお仕事もさせていただいています。

そんな中、姿勢心配人として様々な情報を受け取り、また発信する立場としては、他の“姿勢”と名のつく資格取得を考えることがしばしばあります。

ただ、独学で勉強した結果、

  • 理論に関してはインターネットや書籍で大筋の情報収集ができ、大きく的外れな考え方にはならない
  • 「良い姿勢をする」ことは誰でもできるので、方法論を突き詰めることは重要ではない

と感じ、姿勢に関する情報発信のために資格を取得することには否定的な考えになります。

また、複数の団体が様々な資格認定を発行しているので、自分がどの団体でどの資格を取得すべきなのかよくわからないし、資格の取得にそれなりの費用がかかるということも足かせとなり、資格取得のために動くことはありませんでした。

とはいえ、それぞれの資格がどんなことを教えてどんな役に立ちそうなのか、検証の意味でまとめてみることにしました。(2017年1月現在で)

資格を発行している協会など団体のwebサイトには姿勢に関するいろんな情報も一緒にアップしていることが多いので、姿勢や体の使い方を指導する仕事をしている人や、今後したい人、姿勢に悩みがある人の参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

一般社団法人 日本姿勢調律協会

一般社団法人 日本姿勢調律協会

日本姿勢調律協会

認定資格

姿勢調律診断士
姿勢調律調整士2級・1級

資格の内容

姿勢を理論的な学問とし、姿勢を整えるという大切さを学ぶ、美と健康のための協会認定資格。

ポイント

●当協会の理事である野口早苗氏は、元プロダンサー。

●ピラティスの資格を取得し整骨療法技術も合わせて姿勢調律士として活動されている。

●自身のダンサー経験から得た基本3メソッドの指導がメインプログラムのよう。

  1. 正しく座る「Lで座る」
  2. 正しく立つ「Iで立つ」
  3. 正しく歩く「Aウォーキング」

●姿勢調律調整士1級取得者はwebサイトに認定講師として紹介されてるのが全員女性。

●女性が女性に姿勢指導を行うことを想定した指導をしている印象。

●正しい姿勢を骨格構造知識・生理学・解剖学の観点から理論しっかりめで学ぶ。

●理論をインプットしたうえで、独自メソッドを肉付けした指導ができるようになる。

 

一般社団法人 日本美姿勢協会

一般社団法人 日本美姿勢協会

日本美姿勢協会

認定資格

(2級)JBA認定 美姿勢インストラクター
(1級)JBA認定 美姿勢インストラクター
(マスター)JBA認定 美姿勢インストラクター

資格の内容

外見だけだけではなく、内側から溢れる美しさやしあわせを手に入れるための「美姿勢」をより多くの人に広める役目を担う人であるための資格。

ポイント

●ここも女性が女性に指導するケースをメインターゲットにしている模様。

●「美姿勢インストラクター」という商標を持っている。

●『美姿勢講座』を自主開催できるようになる。

●協会代表理事の鄭由美氏は、『ユミ式整美体操』の指導を14年間で3万人にされているそう。

●認定資格は「美姿勢」を強調しているが、講座内容は実技系が多く、理論部分は薄い印象。

●『ユミ式整美体操』を軸にした指導法を学ぶ講座になるのかも。

●「笑顔エクササイズ」や「美人脳」といった講座もあり、トータルに女性の美を際立たせる内容。

 

一般社団法人 日本姿勢インストラクター協会

一般社団法人 日本姿勢インストラクター協会(JSIA)

日本姿勢インストラクター協会

認定資格

姿勢カウンセラー資格
姿勢アドバイザー資格
姿勢インストラクター資格
姿勢矯正ピラティスインストラクター資格

資格の内容

●姿勢カウンセラー、アドバイザー、インストラクター
姿勢の歴史と解剖学を学び、身体の歪みの原因を診断。また、その原因となっている弱い筋肉を鍛える呼吸法や身体の使い方を指導できる資格。

●姿勢矯正ピラティスインストラクター資格
当協会認定のピラティスインストラクター資格の特徴は、日本人の骨格や生活習慣からくる歪みなどに特化した内容になっているとのこと。

ポイント

●どのような人たちで成り立っている協会なのか、webサイトを見る限りではわからない。

●昔からある「The 協会」といったイメージをサイトからは受ける。

●正しい姿勢を的確に見極められる人は非常に少ないということを訴えている。

●正しい姿勢づくりや身体の使い方改善、それらの指導にあたる指導者の知識の向上を目的としている。

●真の姿勢インストラクターを、以下のような人と説明。
人類の姿勢に対する歴史的背景をしっかり認識した上で骨盤や背骨の正しい知識を持ち的確な指導が出来ること

●資格取得の講座はマンツーマンか少人数で、誰でも分かる言葉で理解できるプログラムとのこと。

●『JSIA認定姿勢アドバイザー』っていう響きはすごくプロっぽい。

 

一般社団法人 日本姿勢改善協会

一般社団法人 日本姿勢改善協会

日本姿勢改善協会

認定資格

姿勢改善アドバイザー
姿勢改善診断士
姿勢改善トレーニング指導士

資格の内容

正しい姿勢のトライアングル「美・健康・運動」を通じて姿勢改善を理解し、アドバイスできる人(アドバイザー)、診断できる人(診断士)、姿勢改善トレーニングを指導できる人(トレーニング指導士)になるための資格。

ポイント

●協会代表は柔道整復師という国家資格を持ち、整骨院をされている。

●役員や講師にはアスレチックトレーナー、ランニングアドバイザー、マインドセット専門家も名を連ねる。

●スポーツ・運動系に偏っていると思いきや、美へのアプローチもしている。

●整骨院などで治療行為をされて働いている方向け。

●解剖学、生理学的見地からの理論と実際を学べ、『正しい姿勢』の臨床経験を積むことができる。

●協会の場所が新潟。

 

一般社団法人 日本姿勢検定協会

一般社団法人 日本姿勢検定協会

日本姿勢検定協会

認定資格

姿勢診断士5級、4級、3級、2級、準1級、1級

資格の内容

姿勢診断士とは
人体においての正しい姿勢の知識と診断のためのスキルを学んだ上で、的確な姿勢診断を行い、人々が正しい姿勢で健康な毎日を送れるようにアドバイスを行うスペシャリストです。
出展元:一般社団法人 日本姿勢検定協会

ポイント

●基本的に認定講座がなく、テキストを購入して各自で試験に向け勉強する。

●試験前に直前勉強会を設けている模様。

●5級はオンラインで何度でも無料で受験できる。

●試験範囲(4級)は、
筆記試験で解剖学、姿勢科学、姿勢診断、関係法規、関節構造学、関節機能学、運動学
実技試験で姿勢診断、姿勢検査、姿勢判定、整形外科検査

●当協会のテキストで「姿勢科学」「姿勢工学」「姿勢医学」の理論を学ぶことができる。

●講座がないためか、資格取得に関する受験料が他協会の資格に比べて割安。

●ただ、級がたくさんあって全部クリアしようと思ったら結局それなりの金額になりそう。

 

一般社団法人 ストレッチトレーナー学会 日本ストレッチトレーナー学院

一般社団法人 ストレッチトレーナー学会 日本ストレッチトレーナー学院
ストレッチトレーナー学会

認定資格

適正姿勢指導士(インストラクター)

資格の内容

姿勢指導を取り入れたダイエット指導ができるようになる資格

ポイント

●ストレッチトレーナーで姿勢研究家である兼子ただしさんが代表を務める学校の講座。

●ストレッチトレーナー資格、適正姿勢指導士資格の国家資格化を目指している。

●ストレッチ事業で結果を出しているメソッドが学べる。

●さらに兼子さん流の指導法、トーク力、プレゼン力も学べるというのが最大のポイント。

●姿勢教育の義務教育化にめっちゃ積極的。(これ好き)

まとめ

他にも、ウォーキングと姿勢、ヨガと姿勢、ピラティスと姿勢を組み合わせた資格などもあり、どれに手を付けようか…

とりあえず無料の日本姿勢検定協会5級はすぐに受験します。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る