【注意】長時間のパソコン作業がバランス能力下げる

長時間のパソコン作業でバランス能力低下してるかも

 

スポンサーリンク

仕事などで長時間パソコンを使う方にとって、パソコン使用中の姿勢が身体にどんな影響を与えるのか気になるかと思います。

あまり良い影響はないとご想像されるかと思いますがその通り。
その影響の一つとして「バランス能力の低下」があり得るという結果が出た実験がありますのでご紹介します。

パソコンヘビーユーザーとあまり使わない人の姿勢とバランス能力を検証

夜中までPC作業する男性_1

この実験では、日常的に1日6時間以上パソコン作業をするパソコンヘビーユーザーと、1日1時間未満のあまり使わないグループそれぞれ30人ずつを対象に、

  • パソコンを使用した2時間後の首の角度
  • 立ち姿勢におけるバランス能力

を比較しています。

この結果、

  • パソコンヘビーユーザーはあまり使わない人より有意に首・頭部が前傾していた
  • ヘビーユーザーは重心が前方向に偏り、バランス能力の低下が見られた

ということが確認できました。

 

日常的にパソコンを使う人は首猫背になりやすい

首・頭部が前傾している姿勢とは専門的には頭部前方姿勢といい、首猫背やストレートネックという言葉でも知られていますし、海外でもスマホ首として問題になっている姿勢。
この頭部前方姿勢は、様々な身体の不調や痛みを引き起こす姿勢として方々で問題視されています。

今回の実験ではパソコン使用中ではなく、使用してから2時間後に写真をとって首と頭部の角度を検証しています。
つまり日常的な首・頭部の状態として、ヘビーユーザーは首猫背になりやすいということが確認されています。
この結果はおそらくパソコン使用中の首・頭部の状態も前傾していることを示していると言えるでしょう。

 

バランスボールはメリットありそう

バランス能力の低下について、パソコンヘビーユーザーが立っている時常にアンバランスな状態かというとそういうわけではありません。

今回の実験では、立っている時のバランス能力を専門の計測機器で測定していました。
その中でヘビーユーザーとそうでないグループで有意な差が出た条件は、足もとが不安定且つ視覚情報に何らかの制限がある場合にのみ、バランス能力に有意な低下が確認されました。
こう書くとかなり限定的な結果とは言えますが、差が出たことは事実。

日々頑張って仕事している中で、知らず知らずのうちにバランス能力が低下が懸念される結果となり、転倒リスクの高まりが心配されるところ。
飲み物を持っている時にバランスを崩してパソコンにぶちまけるなんてリスクも、ヘビーユーザーの方が高いと言えるでしょう。
そういった意味では恐ろしい影響です。

では、日常的によくパソコンを使う人は、バランス能力を養う活動をすると良さそうなもの。
イスをバランスボールに替えてデスク作業をしているという話はよく聞きますが、そのような対策はバランス能力低下の防止に一役買いそうですね。

 

作業効率だけを考えるなら姿勢無視もアリと言えばアリ

ところで下の記事に書いたように、長時間イスに座ってパソコンを使用する環境であれば、猫背姿勢だと快適に仕事はできそうです。

猫背だと腰部への不快感が少ないということがその根拠となります。
ただ、この記事にある研究だと頸椎(つまり首)部分に関する影響には触れていないので、首猫背を長時間続けることによって首への不快感につながる可能性はありますが。

さらに下の記事では(子どもを対象にした実験結果ですが)、集中を要する作業中の姿勢として猫背姿勢はあながち悪くない可能性を示しています。

このように作業の取り組みを最優先に考えるならば、姿勢を無視しバランス能力の低下や身体へ不快感を犠牲にするという選択肢はナシではないですね。

姿勢を心配する立場としてはおススメしませんが。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

姿勢を良くするLINE@やってます

「あ、姿勢」

そんな気づきのきっかけとなる『おへそと姿勢の物語』をはじめとした記事更新のお知らせを、LINE@で配信しています。

  • 姿勢を意識する機会①【『おへそワークス』からの通知】
  • 姿勢を意識する機会②【更新された記事を読む】

ほぼ毎日更新していますので、最低でも一日に一度は姿勢を意識する機会となります。
ついつい忘れがちな姿勢への意識を『おへそワークス』がLINEで呼び起こします。

 

友だち追加


LINE@の詳細ページへ