猫背も案外悪くない かっこ悪いけど

姿勢心配人のアキラです。

多くの方が、「猫背」は不良姿勢で、治すべき、改善すべき悪だという認識お持ちなのではないでしょうか。

確かに「猫背」でgoogle検索すると、猫背の原因やデメリット、どのように改善するかといった情報が検索結果1ページ目からズラズラと表示されることからも、『猫背=悪』の認識は一般常識であると言えます。

ただ、デメリットだけでもないんです。
今回は、猫背は完全なる悪ではないということをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

猫背は自然です

公園で読書する男性

世の中猫背だらけですよね。
周りを見渡して猫背じゃない人ってそんなにいますか?
特に多くの人が座っている空間だと、「あの人姿勢いいな~」って思うことが少ないですよね。

様々な情報がありますが、日本人の7割だとか9割の人が猫背だと言われています。
「姿勢を良くしても続かない」
そんな風に思っている方は多いです。
それは事実で、「猫背体勢だと体幹の筋肉を使わず、良い姿勢をしていると体幹の筋肉を使う」という研究結果があるように、筋肉を使うと多少なりとも疲れるので良い姿勢は疲れますよね。
そもそもあまり使わない筋肉を使うことは身体としては不自然に感じて当然。
人間も動物で、ラクな状態を求めることが自然なので、一般的に良い姿勢と言われている姿勢動作は、人間にとっては不自然なことだと言えます。

日本人の9割が自然なことをしているのに、それが悪だと言うのは酷だとは思いませんか?
私は思います。そう思うようになってきました。

「パソコンのキーボードはトイレより汚いらしいから、それ触った手で物食べるなんて…腹減ったから食う」

「都会の空気は汚染されてるから息できない…なんて言ってられない」

といったものと同じように思えます。

その結果健康を害する可能性があることはほとんどの方が知っている、または感じていることでしょうけど、だからと言って人間の自然な動作が悪だなんて、もう生きていられません。

「自分らしく生きる」という風潮が現代の日本には浸透しつつあります。
猫背が自然で、それが自分らしいという考えもアリでしょう。

 

集中できる

勉強する少年

「机にかじりつく」という表現があるように
勉強に集中して机に覆いかぶさるような姿勢になったことがある方は多いと思います。
また、パソコン作業に集中して気が付いたらモニターにチューしてしまうくらい顔を近づけていたことがある方も多いでしょう。

多くの方は集中していると自分の姿勢にまで気が回らないでしょうし、目の前のことに本当に集中している時は自分が一番ラクな姿勢になるものですから、勉強や仕事中に猫背になる方が多いことは不思議ではありません。

それに姿勢は動作だと考えると、良い姿勢を維持しながら勉強や仕事に集中するとなると「ながら作業」になるので、姿勢をよくすることがよほど自然にできないと共存は難しいでしょう。

猫背の方が集中できて、その集中力が必要な時は、姿勢なんて気にせずにどんどん猫背を利用すべきだと思います。

 

リラックスできる

ソファでくつろぐ女性
「リラックス」には、

    • 何かをする時に力まず臨んでスムーズに事を勧める行動型のタイプ
    • 何もせずに休息を第一に考えた休息型のタイプ

といったように、目的によってタイプが異なると思いますが、ここでは休息型について書きます。

「疲れた、休みたい」って時は誰にでもあります。
そんな時に

「でも、猫背カッコ悪いし、老後もシャキッと立っていたいから良い姿勢しないとなぁ」

なんて考ないし、考える必要はないです。

息抜きは必要です。
リラックスを心身共に緊張のない状態と考えるならば、良い姿勢をすることは筋肉に多少の緊張が必要なので、良い姿勢でリラックスしたまま休養するというのは考えにくいです。

そこは何も考えず脱力。ゆるーくいきましょう。

 

これだけは忘れないで

どうしたってかっこ悪い

ぐーたらでだらしない人

集中や休養は必要です。そいうった目的があっての猫背は必要なことと言えるでしょう。
ただし、やはり猫背はカッコイイ、魅力的な姿とは言えません

職人のようにひたすら集中しながら創作をする姿は猫背だろうがカッコイイでしょうが、それは少し特殊な例です。
ある域に達する人だけがそのオーラを持てるものと個人的には思います。

多くの方は、単にだらしない姿に見えてしまうので、カッコ悪く見えてしまうことはいたしかたないでしょう。

 

続けないことが大事

考える人_2

猫背だろうが良い姿勢だろうが、同じ姿勢を続けることは身体によくありません
身体は動かしてこそ、組織が働き新陳代謝を促し新鮮さを保ちます。
姿勢の良し悪しに関わらず動かなければ、身体は鮮度を失い不味くなります。

また、猫背の場合は続けてクセになってしまったら、健康に関してはもちろん、先述したカッコ悪いということも人生ずっとつきまといます。
必要な時もありますが、必要以上に続けないことが大事です。
同じ姿勢が続いていると気づいたら、体勢を変えたりストレッチをして身体を動かしましょう。

 

まとめ

猫背は生きている人間にとってラクをするという意味で自然なことで、全面的に悪いわけではありません。
ただ、今自分がどんな姿勢をしているのか、身体に不快感を感じていないかということに気づける習慣づけが大事。
しばらく猫背が続いたなと思ったら姿勢を正してみるといいし、結構カッコイイ姿で座れてたなって時には頃合いをみてリラックスしたりストレッチしたりするといいです。

猫背をなんとかしたいという気持ちも大切ですが、猫背を利用しつつトータルで身体や健康を気を付けることと同じように考えることも大事です。
 


 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る