【猫背必見】何をしても良い姿勢には「なり」ません

何をしても良い姿勢にはならない

姿勢心配人のアキラです。

猫背は治すもんじゃない 「する」か「しない」か

でも書いたように、姿勢は「なる」ものじゃなくて「する」ものです。
この点をもう少し詳しくお伝えしたいと思います。

※姿勢は「なる」ものじゃないですが、あまりに長年猫背を続けて骨や筋肉が固まってしまっている場合は、猫背に「なって」います。
この記事内では、そういった状態ではない、習慣的に猫背をしているけど意識したら姿勢を変えられる状態の人を
対象にしてい書いています。

スポンサーリンク

姿勢は矯正できない

整体の様子

姿勢矯正や骨盤矯正、マッサージは、整形手術や歯の矯正のように、手を加えればその形が維持されるものではありません。

施術を受けても、その効果は一時的で、すぐに元の状態に戻ります。
姿勢は動作であり、生活習慣から生まれたクセです。
そのクセの結果で生まれた身体の歪みや不具合を調整したところで、いつも通りの生活を続けていては、次第に施術前の状態に身体が戻ることは明らかです。
痛みを軽減させたり、身体の負担を軽くするような施術であれば受ける価値はあると思いますが、身体の矯正を目的とした施術は無いと私は思っています。

姿勢矯正や骨盤教説と名の付く施術は、お化粧のようなものです。
一度作っても、簡単に落ちてなくなり、ベースは元のままです。

化粧をする女性

矯正器具やグッズも同じですね。
矯正ベルトや下着など様々なアイテムが世に出ていますが、装着しているだけ効果を感じるものがほとんどで、外してしまえば元に戻ることが一般的な使用感です。
良い姿勢の感覚を知るきっかけとはなりますが、アイテムを外した状態で姿勢を良くするかしないかはその人次第であって、ベースが良い姿勢状態になるわけではありません。

お化粧を何度も続けていると上手になって、簡単にできるようになると思いますが、姿勢の改善もまさにその感じ。
普段から良い姿勢ができている人は、上手なだけです。

 

「なる」と「する」は全然違う

なる?する?

普段あまり意識しませんが、姿勢に関して「なる」と「する」は同じ意味で使われます。

「良い姿勢になりたい」(なる)
「姿勢を良くしたい」(する)

どちらの言葉も「普段の生活から姿勢良く過ごしたい、それを習慣にしたい」といった意味で使わているし、そう聞こえます。

しかし姿勢の改善に取り組むにあたって、「なる」と「する」には大きな違いがあります。
私の個人的な解釈ではありますが、

「する」・・・一時的な動作

「なる」・・・長期的習慣的に持続可能な状態

と言葉の意味を仮定すると、多くの方が望んでいる姿勢改善のゴールは[良い姿勢に「なる」]ことだと考えます。

美容整形では、手術を受けて目が大きく「なる」とその状態が続きますし、自分の意志で目を小さくしたりできないですよね。
ベースが変わってますから。

でも姿勢では、普段良い姿勢と言われる人でも、猫背になることができます。
つまりこの人は、良い姿勢に「なっている」わけではなくて、「している」だけ。

上で書いたように姿勢は矯正ができないから、良い姿勢に「なる」こともできないと言えます

 

筋トレやヨガでも良い姿勢に「なれ」ない

姿勢矯正ヨガ

姿勢は動作であり、良い姿勢に「なる」ことは(ほぼ)ないので、筋肉隆々の人やアスリートが猫背でいることも不思議ではありません。

猫背だと体幹の筋肉活動が少ないという研究結果があります。
つまり猫背姿勢だと体幹の筋肉があまり使われないということ。
筋肉を鍛えて、どんなに体幹の筋肉量やパワーを増加させても、そのパワーを使わなければ猫背姿勢です。
どんなに筋肉を鍛えても、その筋肉を使うか使わないかはその動作次第
そしてその動作を行う本人次第です

ですので、「筋トレをして筋肉をつけたら姿勢が良くなる」とか、「体幹トレーニングをしたら姿勢がよくなる」
「ヨガをしたら姿勢がよくなる」ってことはありません。

姿勢がよく「なる」ってことありませんが、「する」ことをサポートすることには繋がりますので、しないよりはもちろんマシです。
猫背をし続けると体幹の筋肉を使う機会が失われ、使っていないと筋肉は衰えますので、いざ使いたい時にうまく使えなかったり弱ってしまうことになり得ます。
そういったことの予防としてトレーニングや運動は効果的だと思います。
ただ、姿勢改善を第一目的としてトレーニングや運動に精を出すことはあまり有益とは言えません。

姿勢を改善したいなら、意識的に良い姿勢を「する」機会を増やすことです

「姿勢改善ヨガ」や、「これで姿勢がよくなる!」みたいな広告フレーズには疑問をもちます。
世の中たくさんのボディワークや身体調整の専門家がいますから、中には本当に良い姿勢に「なる」、魔法使いのような施術士がいるかもしれませんが…。

 

動作としてのクセ、習慣は作れる

脚を組むことがクセな男性

「なる」ことは難しくても、特定の動作を「する」ことを繰り返しすることでクセとして無意識に、自然にその動作ができるようになります
そしてクセは、「癖になる」と言われるように、「成り(なり)」ます。

癖とは、ついついやってしまう習慣のことですよね。
猫背の人は、猫背のクセができてしまっていて、いわゆる良い姿勢と言われる人は、姿勢を正すことがクセになっていると言えます。

私は、ペンを持ったらクルクル回してしまうクセを持っていますが、はじめから「ペンを持ったら回さずにはいられない人間」だったわけではありません。
小学生の時、友達がペンを回しているのを見てカッコイイと思い、練習しているうちにクセになりました。

姿勢もそうです。
先天性の骨格変異でもないかぎり、生まれた時から姿勢が良い人、悪い人なんていません
生活習慣の中からクセとなった姿勢を続けてきた結果が、今のあなたが基本的に「する」姿勢です。

それを変えたければ、一時的な対策ではなく、長期的に取り組むしかありません。
良い姿勢を「する」ことは、たいていの人ができるので。
 


 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る