骨盤矯正やヨガでも無理 何をしても良い姿勢にはならない理由

良い姿勢にならない理由1

 

姿勢改善のために、良い整骨院や姿勢を補正するグッズを探したり、マッサージや骨盤などの骨格矯正を受けてみようかと考える人はたくさんいます。

ですが、何をしてもあなたの姿勢は良くなることはありません。

ここではその理由を説明します。

「なる」と「する」は全然違う

普段あまり意識しませんが、姿勢に関して「なる」と「する」は同じ意味で使われます。

なるとする

しかし、言葉の意味として「なる」と「する」には大きな違いがあります。

  • 「する」・・・一時的な動作
  • 「なる」・・・長期的・習慣的に持続可能な状態

そして、多くの方が望んでいる姿勢改善のゴールは「なる」ことですよね?

ただ、誰も良い姿勢に「なる」というゴールに到達することはありません。

良い姿勢に「なる」ことはない

姿勢以外で考えてみる

なぜ誰も良い姿勢になれないのか。
これを説明するために、まずは「なる」について、姿勢以外を例にみてます。

例えば、目を大きく見せる美容整形では、術後その状態が続きますし、自分の意志で目を小さくしたりできません。

ロングヘアだった人が、髪を短く切った後で、「やっぱり長い方がよかった」と思っても急に伸ばすことはできません。

これが「なる」です。

姿勢は動作

一方、姿勢に関しては、姿勢改善の施術を受けた後でも、猫背をしようと思えばその瞬間からできます。

なぜなら、姿勢は『動作』だから。

姿勢は筋肉を使って身体を操作する身体動作です。

骨盤矯正やマッサージなどで身体を調整しても、動けば姿勢は変化しますので、長期的に持続可能な「なる」ことはありません。

姿勢矯正に意味はない?

意味はある!

じゃあ骨格矯正とかマッサージとか、姿勢改善の施術って意味ないの?

と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

動作として良い姿勢をする時に、骨格や筋肉の状態が良くない(ズレのある)状態と、そのズレを補正するために他の筋肉や靭帯にムリをさせることになります。

専門家の施術によって、良い姿勢を少ない負担でラクにできる身体の状態にすることはすごく大事なこと。
積極的に専門家を利用して、骨格や筋肉の調整をすることをおススメします。

目的の理解が大事

整骨院など治療や姿勢の専門家のサービスを受ける際は、

この施術を受けたら姿勢が良くなる

ではなく、

この施術でラクに姿勢ができるようになる

と、目的を正しく理解したうえで受けることが大切で、これを間違えると、期待したような効果が感じられず、せっかく受けたサービスに不満が残ります。

施術だけでなく、筋トレやストレッチ、ヨガ、矯正器具やグッズも同様。
どれも良い姿勢を「する」ためには効果的ですが、それらの運動やアイテムによって、状態として長期的に良い姿勢に「なる」わけではありません。

まとめ

ここまでで、良い姿勢に「なる」ことはないことを説明してきました。

姿勢改善の施術、運動、グッズ、どれを選んでも、良い姿勢をやりやすい身体の状態に調整してくれるけど、良い姿勢に「なる」わけではない、ということを理解しておきましょう。

「姿勢は動作」なので、姿勢を改善したいなら、定期的に身体を調整して、意識的に良い姿勢を「する」機会を増やすことです。

ここで書いた「なる」と「する」については、下の記事でも説明しています。

矯正前に知っておくべきこと姿勢矯正の前に知っておくべき「2つの姿勢」