【けっこうおしゃべり】姿勢が発信するメッセージいろいろ

姿勢が発信メッセージ

 

姿勢はメッセージ

姿勢は、その人の感情や状態を判断する材料になります。
これは表情や視線、仕草なども同様。

会話の中では、それら言葉以外の情報から”本当の気持ち”をくみ取ることがあるように、コミュニケーションにおいて、姿勢や表情というのは言葉よりも重要で、”おしゃべり”だったりします。

つまり、姿勢は【言葉ではないコミュニケーション】【無音のメッセージ】ということです。

ここでは、様々な姿勢から、その姿勢がどんなメッセージを発信して周囲の人に受け取られているのか、いくつか例を挙げています。

あ、この姿勢よくするな

という姿勢と、その姿勢をしたアナタを周囲がどのように思っているのかを確認して、生活の中で姿勢を考える参考にしてみてください。

ちなみに
あくまで姿勢のみからのメッセージをみるため、表情はぼかしています。
また、周囲の人がどう受け取るかをみるので、当該姿勢をしている本人の気持ちは考慮しません。

オラオラ系

姿勢は語る_1

ヘコヘコ系

姿勢は語る_2

テキパキ系

姿勢は語る_3

黙々系

姿勢は語る_4

面接系

姿勢は語る_5

ぐったり系

姿勢は語る_6

カフェ系

姿勢は語る_8

上機嫌系

姿勢は語る_9

お家カフェ系

姿勢は語る_10

最後に

言葉と表情はナシ、姿勢だけで様々なことが伝わるし、様々な受け取り方がされます。

怖いのが、この姿勢をしている人の思いとは別のメッセージが、姿勢からの情報だけでねじ曲げられて、周囲の人が勘違いするような情報として届く可能性があるということ。

周りの人とうまくやるためには姿勢に意識を向けることは大切なことなので、是非姿勢を意識して生活するようにしてください。

ちなみに
これらの姿勢がどう思われているかは、あくまで例えで、その状況によって受け取り方は変わりますので、参考程度にみてください。
姿勢おへそ_1
【解説】良い姿勢ってどんなの? おへそ意識ってどうやるの?