ストレス対策には”姿勢” 「良い姿勢でポジティブ」は本当だった

姿勢だけで気分は変わるの

 

姿勢で気分を変えることはできる?

気分と姿勢問題

良い気分の人からはその気持ちが身体の姿勢から伝わってきたり、姿勢からして元気のない人がわかったりと、姿勢が人の気持ちや感情を表すことがあるのは、みなさん生活の中で良くご存知かと思います。

ただ、それは

  • 気分の良し悪し → 姿勢を決める

という流れですが、では

  • 姿勢の良し悪し → 気分は変わる?

つまり、機嫌が悪かったり落ち込んだりしていても、姿勢を良くすることで気分を変えることができるのでしょうか?

結論:変えられる

結論から言うと、例え身体をテープで固定してでも、良い姿勢をすると気分は良くなるみたいなので、気分を変えるために姿勢を良くすることは効果がありそうです。

以下、その根拠の詳細です。

テープで姿勢を固定して実験

テープで姿勢固定30

ニュージーランドのオークランド大学で行われた実験では、18歳から67歳の健康な男女74名を、良い姿勢グループと猫背姿勢グループに分けて、その姿勢を維持している30分の間にアンケートやスピーチテストを実施。
ストレス、気分、自尊心、不安度、血圧、心拍数などを測定し比較ています。

この実験で被験者は、それぞれ良い姿勢と猫背姿勢でイスに座るのですが、姿勢が崩れないように理学療法用のテープで固定されたとのこと。

良い姿勢で固められてもポジティブに

そんな中で得られた結果はこんな感じ。

  • 良い姿勢グループは、猫背グループに比べてより自尊心を保ち、良い気分で、ネガティブな気分や不安の少ない状態だった
  • 猫背グループは、スピーチ課題でネガティブなワードをたくさん使い、ポジティブな言葉の使用は少なかった
  • 良い姿勢グループは、ストレス度をテストしている時に血圧の上昇や心拍数が猫背姿勢に比べて有意に高く、覚醒状態にあった

姿勢を良くすると気分は良くなるし、ポジティブになるし、覚醒もすると良いこと尽くし。

30分間テープで固められたストレス環境の中で「今の気分はどうですか?」なんて質問に答えた結果がコレですから、姿勢が与えるメンタル面への影響はなかなかのものですよね。

研究者も

姿勢良く座ることは、ストレス対策のシンプルな戦略になり得ます

と、まとめています。

長時間は同じ姿勢は禁物

この実験で検証されたのは、30分間同じ姿勢を保持した時のメンタルへの影響ですが、良い姿勢だろうが悪い姿勢だろうが、長い時間同じ姿勢を続けていると身体への負担や不快感が気になるところ。

例え「テープで姿勢固定」を採用したとしても、不快感があれば当然メンタル面にマイナスに影響しますから、同じ姿勢を1時間近く続けたら、テープをほどいて、ストレッチするなど身体を動かす対策が必須です。

同じ姿勢したら運動しなはれ

もちろん「テープで姿勢を固定」は現実的な方法ではないので、自力で良い姿勢をするか、サポーターや下着など姿勢矯正グッズを使うことになるかと思いますが、そんな場合でもある程度時間が経ったら身体を動かしましょう。

まとめ

「良い姿勢でポジティブになる」って説を聞いたことがありますが、この結果を見るかぎり、無理矢理にでも姿勢を正すことはメンタル面でメリットがありそうです。

姿勢を正すことはキツくて続かない

や、女性だったら着物を着ると

キツいし苦しいし動きづらい

と、キレイな姿になる反面ツラいという声を聞きますが、その苦労に見合うメリットがあることを知っていれば頑張れるんじゃないでしょうか?

ただ、ある程度時間が経ったら身体を開放して動かすことをお忘れなく。