その手があったか!? スマホ首を防ぐ方法

 

今、どんな首の角度で読んでいますか?
姿勢心配人です。

テキストネック、ご存知ですか?
日本語ではよく”スマホ首”と呼ばれ、スマートフォンを操作している時に首が画面に向かって伸びた姿勢のことです。
スマホに限らず、パソコンでテキスト(文字)を入力したりゲームの画面に熱中している時に見られる姿勢のことで、首の骨(頸椎:本来ちょっと湾曲している)が真っすぐな形になることから、”ストレートネック”とも言われます。

「フィンランドの小学生は、テキストネックが原因で背中にコブができたり、しゃがんだ状態から立ち上がれない子が増えている」って新聞の記事を以前紹介したように、スマホなど携帯デバイスの普及とともにテキストネックは世界的に問題になっています。(参考記事

そんなテキストネックの対して、アメリカの健康情報ブログ『Health Blog』に、text neck(テキストネック)の防ぎ方が紹介されていたので、簡単にまとめてシェアします。

スマホを使う時

スマホを目の高さで使う習慣を身につけましょう
どうしてもスマホを目の高さで持てない場合は、首を曲げず目線だけ画面に落とすようにしましょう
可能であれば、指で入力せず音声入力を使いましょう。

 

職場で

仕事で長時間パソコンを使うのなら、スタンディングデスクを使いましょう
パソコンモニターのトップが目の高さにくるよう調整しましょう
背中をストレッチしたり、ちょくちょく動きましょう

 

家で

ベッドの中でスマホを使わないようにしましょう
寝そべって肘で身体を支える態勢や、仰向けでお腹の上でスマホをみることは、悪い姿勢の典型です

 

ジムで

ピラティスやヨガ、太極拳などのエクササイズを取り入れましょう
姿勢を正す習慣作りを助け、パソコンやスマホを使っている時に、どんな姿勢をしているか気づきやすいマインドになります

 

その他

目線が落ちたことや、背中が丸くなったことを知らせる以下のようなスマホアプリを活用しましょう。

Text Neck Indicator

 

Text Neck Indicator

Text Neck Indicator
開発元:TITAN88,LLC.
¥229
posted with アプリーチ

 

Perfect Posture Workout(日本語版:姿勢トレーニング)

姿勢トレーニング

姿勢トレーニング
開発元:Andrey Fetisov
¥120
posted with アプリーチ

iphoneで姿勢トレーニングができるアプリです。
日本語版がありました。価格は120円。
アプリをスタートさせると15分間のトレーニングが開始し、その間音楽を聴いたり作業をしながら過ごし、姿勢が悪くなるとiphoneが振動で知らせます。

Perfect Posture Workoutのデモ動画

まとめ

以上、生活の中で気をつけるべきスマホ首を防ぐ方法でした。

「スマホを持つ位置を顔の高さまで上げましょう」とか、「ストレッチしましょう」といったありふれたアドバイスに加えて、「文字入力を音声でしよう」という最先端なアイデアもありましたね。
アプリを活用したり「ベッドではスマホを触らない」ってルールを設定するのも有効かと思います。

スマホ首、気になる方はどれか取り入れてみてはいかがでしょうか?