とーちゃんの役割 / おへそと姿勢の物語

とーちゃんの役割
 ※このストーリーは、読者がおへそ意識や姿勢に対する意識を思い出すためのきっかけとなるように書かれたフィクションです。 

スポンサーリンク

仕事中、家にいる妻からLINEが送られてきた。

「みてみてーウチの子天才かも♪」

そしてこんな画像も。

ウチの子天才かも

うぉ、なんだコレは!?
か、かか、かわいい!!!

ちょうど今俺が会社でしていることと同じことを我が子が家でしている。
いつも仕事から帰っても寝てしまっていてあんまり遊べないけど、なんだか一緒に遊んでいる気分だ。
嬉しさがこみ上げてきて、スマホを見ながらニヤついてしまう。仕事中だけど。

十分ニヤついた後、フと現実に戻ると、なんだか心配になってきた。
周りを見渡せば、デスクワークをしている同僚がたくさん。
そしてみんな、同じような猫背で画面に首を突っ込む姿で仕事をしている。
当然、俺もみんなと同じ姿だ。

我が子もこうなるのかな?
生まれた時からパソコンやスマホが当たり前の世界に生まれて、それらを使いながら大きくなっていく。
このオフィスにいる自分たちと同じような姿勢にすぐになっちゃうかもな。

仕方ないのか、そういう時代か。

いや、でも姿勢はちゃんとしたほうがカッコイイし、子どもにもそうしてほしい。
パソコンが当たり前なら、ちゃんとした姿勢で使えるように俺が伝えればいいはず。
俺は父親だ。俺の役割だ。

じゃぁ、その前にはまずは俺がちゃんとしないとな。
よっしゃ、我が子をカッコイイ大人にしてやるために、とーちゃん姿勢ちゃんとします!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

姿勢を良くするLINE@やってます

「あ、姿勢」

そんな気づきのきっかけとなる『おへそと姿勢の物語』をはじめとした記事更新のお知らせを、LINE@で配信しています。

  • 姿勢を意識する機会①【『おへそワークス』からの通知】
  • 姿勢を意識する機会②【更新された記事を読む】

ほぼ毎日更新していますので、最低でも一日に一度は姿勢を意識する機会となります。
ついつい忘れがちな姿勢への意識を『おへそワークス』がLINEで呼び起こします。

 

友だち追加


LINE@の詳細ページへ