おじいちゃんの奇跡の一枚 / おへそと姿勢の物語

おじいちゃんの奇跡の一枚

 

スポンサーリンク

 ※このお話は、読者がおへそ意識や姿勢に対する意識を思い出すためのきっかけとなるように書かれたフィクションです。 

 

唐突に、実家から手紙が届いた。
手紙にはこんな文章が。
「おじいちゃんが、賞とったで!」

賞とったで

そして手紙と一緒に写真が一枚同封されていた。

意味がわからないから、久しぶりに実家に電話した。

 

電話にて

息子
手紙きたけど、何コレ?

 

オカン
おじいちゃんがな、賞とってんて

 

息子
賞って、なんの?

 

オカン
あ、いや、ごめん。
おじいちゃんが賞とったんじゃなくて、おじいちゃんが写ってる写真が賞とったんよ。

 

息子
いや、まだわからん

 

オカン
なんかね、おじいちゃんよく海辺散歩してるやん?
そん時にたまたま近くの高校の写真部の人たちが写真とってはって、おじいちゃんのこと撮りはってん
オカン
で、その高校生が、おじいちゃんに「この写真をコンクールに出していいですか?」って聞いてきたから、おじいちゃんが「ええよ」って。
そしたら、この間おじいちゃんが散歩してる時にその高校生がおじいちゃん見つけて声かけてくれて、あの写真がなんやえらい賞とったって言うのよ。
ほんでそん時に写真何枚もくれたからアンタにも送ってあげよと思って

 

息子
なるほど、そういうことね。
ほな、手紙の「おじいちゃんが、賞とったで」はおかしいな。アホ丸出しな手紙書くなや、困るやんけ
息子
まぁそれはええわ。ところで、写真見たけどおじいちゃんて釣り始めたん?
前までそんなんしてへんかったやん

釣り名人

オカン
いや、そんなんしてへんよ。たまたま友達と会って、その人の釣り竿持ってる時の写真を撮られただけやて

 

息子
え?そんな偶然の状況で、こんな釣り名人みたいな写真になるの? 

 

 

オカン
そやんなぁ、でもほらおじいちゃん、年齢のわりにシャキッとしてるからサマになったんちゃう?

 

息子
確かになぁ、おじいちゃん姿勢めっちゃよかったもんな
息子
にしても姿勢のチカラ、凄いな。めっちゃカッコええやん、写真のおじいちゃん。
いや、でも、写真とった高校生の腕か。
いやいや、やっぱ被写体が大事やもんな。おじいちゃんの姿勢が凄いな
息子
ちょっと姿勢侮ってたけど、あんなじーさんがこんなにカッコよくなるなんて信じられへんわ。
こりゃ俺もおじいちゃんみたいな姿勢をすればモデルデビューもありえるな。な、オカン?

 

オカン
いや、それは違う。やめとけ。
真面目に働け。な。ほな、元気でな

 

息子
アホみたいな手紙書いてくるくせに、最後だけまともに締めよって…

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

姿勢を良くするLINE@やってます

「あ、姿勢」

そんな気づきのきっかけとなる『おへそと姿勢のお話』をはじめとした記事更新のお知らせを、LINE@で配信しています。

  • 姿勢を意識する機会①【『おへそワークス』からの通知】
  • 姿勢を意識する機会②【更新された記事を読む】

ほぼ毎日更新していますので、最低でも一日に一度は姿勢を意識する機会となります。
ついつい忘れがちな姿勢への意識を『おへそワークス』がLINEで呼び起こします。

 

友だち追加


LINE@の詳細ページへ