チン姿勢教育 / おへそと姿勢の物語

チン姿勢教育
 ※このストーリーは、読者がおへそ意識や姿勢に対する意識を思い出すためのきっかけとなるように書かれたフィクションです。 
スポンサーリンク

なぜ私がいつも姿勢がいいかだって?
いいよ、教えてあげよう。

ヒミツはコレ。

卓上ベルを差し出す男

 

この「チーーン」ってなるやつ。卓上ベルだね。

私は親から厳しく姿勢を指導されていてね、父親はいつもこれを持ち歩いていたんだよ。
そしてフとした時にこれを鳴らすんだ。「チーン」とね。
その音が聞こえたら私たち子どもは姿勢を正さなければならなかった。

父は家の中はもちろん、外出先でもこのベルを鳴らすんだ。
レストランで鳴らして店員さんが来てしまうことは何度もあった。
その度に父は欲しくもないメニューを頼んでいたね。

犬の散歩中に鳴らした時には、近所の家から住人がハンコを持って出てきたことがあってね。
あれ以来、さすがに散歩の時はベルを持って出なくなったね。

子どもの時からそんな生活をしていると、すっかり身体に染みついてしまったよ。
自転車のベルが「チーン」と鳴らされると、その場で気を付けしてしまうから余計危ない目にあったことがあったね。

電子レンジで温めている時なんて「来る、あの音が来る」ってソワソワしてしまうよ。

電子レンジ_1

わかってくれたかい?これが私の姿勢のヒミツさ。

君もやってみるかい?
実は私も大人になってからは、父を見習ってこのベルを持ち歩くようにしてるんだよ。
よかったら一つあげるよ。
私は20個ほど持っているからね。一つ一つ音が違ってて、毎朝今日はどれを持っていこうか考えるのが楽しいんだよ。

さぁ、これを使いなさい。遠慮せずに。
そして鳴らすんだ。

「チーーン」

それだよ、それ。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

姿勢を良くするLINE@やってます

「あ、姿勢」

そんな気づきのきっかけとなる『おへそと姿勢の物語』をはじめとした記事更新のお知らせを、LINE@で配信しています。

  • 姿勢を意識する機会①【『おへそワークス』からの通知】
  • 姿勢を意識する機会②【更新された記事を読む】

ほぼ毎日更新していますので、最低でも一日に一度は姿勢を意識する機会となります。
ついつい忘れがちな姿勢への意識を『おへそワークス』がLINEで呼び起こします。

 

友だち追加


LINE@の詳細ページへ