怒り狂う看護師 / おへそと姿勢の物語

 ※このストーリーは、読者がおへそ意識や姿勢に対する意識を思い出すためのきっかけとなるように書かれたフィクションです。 
スポンサーリンク

男性患者
なんじゃこりゃ?
ちょっと病室を離れている間に、俺のベッド(と、なぜか隣のベッドも)にフルーツが寝ている
こんなしょーもないイタズラをするのは、アイツか…

 

ベッドにフルーツが寝ている

 

看護師
しょーもなくて悪かったわね

 

見える看護師の体温

 

男性患者
な、なんだその姿は?

 

看護師
私の体温を見せてあげてるの
これで私の体が怒りで満ちているのがわかるでしょ?

 

男性患者
う、うん、なんとなく
で、なんで怒ってんの?

 

看護師
アナタ、昨日の食事の時間からまた背中を丸くしてたわね
アナタの食事する姿は本当にヒドイものだったわ

 

男性患者
え、見てたのか?

 

看護師
ええ、怒り狂って部屋の空気の色を変えてしまったわ

 

怒りで部屋の空気を変える看護師

 

男性患者
アレはキミの仕業か
なんか蛍光灯がおかしいと思ってたけど、全部キミなんだな
なんてヤツだ

 

看護師
「なんてヤツだ」??
それはこっちのセリフよ
看護師
あんなに姿勢を注意してあげたのに
数日私が姿を見せないだけでなんてザマなの?

 

男性患者
「なんてザマ」なんて
看護師が患者に言うセリフか!?

 

看護師
オダマリ!
今日という今日はちゃんとした姿勢で食べてもらうわ
看護師
じゃあまずは準備として「串打ち」からね

 

男性患者
ハッ? 串打ち?
あの焼き鳥の?

 

看護師
そう、まずは食べ物を準備するところから姿勢を正していくわよ
いい?こんな感じで姿勢を意識しながら肉を串に刺していくの

 

ベッドで串打ちをはじめる看護師

 

男性患者
串打ちさせる病院なんて聞いたことねぇよ

 

看護師
ちょっと、全然できてないじゃない! その背中はなに?
手元だけに集中しちゃだめよ 自分の姿勢をちゃんと維持してこそ肉のベストポジションに串を打てるのよ
看護師
できないなら仕方ないわ
これで頭を冷やしなさい

 

患者の頭上でかき氷をつくる看護師

 

男性患者
ヤメロ、人の頭上でかき氷を作るのは
サムィ…
男性患者
もうダメだ! 勘弁してくれ!
病室で串打ちだの、かき氷だの、もうたくさんだ!

 

両腕でガッチリガードする患者

 

看護師
…そこまでガードするなんて、よっぽどイヤなのね
わかったわ 今日のところは串打ちは勘弁してあげる
看護師
じゃあ、とりあえず私が食べさせてあげるから、おとなしく良い姿勢で食べなさい
ほら、オムライスよ

 

オムライスを患者に食べさせる看護師

男性患者
ウぉウィ フフーンわハィンホハ(おい、スプーンはないのか?)
ハヒフォイわホーヒファ(焼き鳥はどうした?)

 

看護師
何?なんて言ったの?
もう黙って食べなさい

 

男性患者
早く退院したい

 

看護師
よし、やればできるじゃない
じゃ、私は行くわ

 

フッ----

水路でフルートを吹く看護師

 

男性患者
瞬間移動できるのか!?
そしてまたあんなところでフルート吹いてる

 

看護師
次はこれを食べさせてあげるわ
おとなしく良い姿勢でいなさいよ

 

水路からピザを持って顔を出す看護師

 

男性患者
どこからピザが出てくるんだ?
男性患者
ピザか…悪くない

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

姿勢を良くするLINE@やってます

「あ、姿勢」

そんな気づきのきっかけとなる『おへそと姿勢の物語』をはじめとした記事更新のお知らせを、LINE@で配信しています。

  • 姿勢を意識する機会①【『おへそワークス』からの通知】
  • 姿勢を意識する機会②【更新された記事を読む】

ほぼ毎日更新していますので、最低でも一日に一度は姿勢を意識する機会となります。
ついつい忘れがちな姿勢への意識を『おへそワークス』がLINEで呼び起こします。

 

友だち追加


LINE@の詳細ページへ