姿勢に目覚めた患者の変貌 / おへそと姿勢の物語

姿勢に目覚めた患者の変貌

 

スポンサーリンク

 ※このストーリーは、読者がおへそ意識や姿勢に対する意識を思い出すためのきっかけとなるように書かれたフィクションです。 

 

男性患者
もうすぐ退院か
はじめは退屈だったけど、なんだかんだいろいろあって刺激的だったな 

 

 

男性患者
そろそろアイツを呼び出すか 
男性患者
あー姿勢とかもうどーでもいいわ

 

看護師
呼んだ?

 

ベッドの下から斧を持って出てくる看護師

 

男性患者
やっぱりベッドの下から斧を持って出てきた
呼んではないけど、もう行動パターンは把握したな 
男性患者
久しぶりだな

 

看護師
そうかしら?
私はずっとナースステーションにいたけど?

 

看護をアピールする看護師

 

男性患者
へ? そーなの?

 

看護師
当たり前じゃない
あたし看護師よ

 

男性患者
いや、わかってはいるんだけど
あまりにもハチャメチャ過ぎてそんなにフツーな場所にいてると思わなかった

 

看護師
で、今日も姿勢に関してナメたこと言ったようだけど
また私にシゴいてほしいわけ?

 

患者の頭上でかき氷をつくる看護師

 

男性患者
いや、違う
とりあえずかき氷はしまえ
男性患者
 この間キミがこの部屋から怒って出ていった後、俺は改心したんだ
良い姿勢をしようって
男性患者
そして俺は修行をした
今日はキミにその姿を見せたいと思っただけだ

 

看護師
修行って? 

 

男性患者
まずはこれだ!

 

尿瓶を両手に持って看護師の前に立つ患者

 

男性患者
尿瓶を両手に持ちながら、この体勢を維持!
これで腕と一緒に姿勢保持に大事な体幹も鍛えた
男性患者
この状態で俺を押しても
俺はビクともしないぜ

 

看護師
す、すごい

 

男性患者
次はコレ!

 

鼻の息で風船を膨らます患者

 

男性患者
鼻の息だけで風船を膨らますトレーニング
これならベッドの上で思いっきり腹筋を使って自然と良い姿勢ができるんだ

 

看護師
そんな…まさか

 

男性患者
その結果こうなった 

 

分身の術を使う患者

 

男性患者
分身の術を使えるようになった
しかも松葉杖を持って、だ
自分でも驚いたが、コツをつかんでしまえば簡単なもんだな
男性患者
分身の術を使いこなせる俺にとって
良い姿勢をするなんてことは朝飯前だ
あんなに苦労していた以前の俺が信じられないよ

 

看護師
アンビリーバブル

 

見える看護師の体温

 

男性患者
お、おい!
その姿は確か、キミが怒っていることを表現しているものだろ?
なぜ怒る?

 

看護師
いいえ、違うわ
ただ驚きと興奮で体温が上がっただけよ
看護師
それにしても、よくここまでできたわね 

 

男性患者
ああ、キミの俺への姿勢指導の熱がバッチリ届いたからな
おかげでもうすぐ退院だ

 

看護師
そう…

 

フッ----

水路でフルートを吹く看護師

 

男性患者
消えた
そしてまたあんなところでフルートを吹いている
あんな看護師がナースステーションにいるなんて信じられん

 

看護師
あの患者
とうとうここまで来てしまったのね

 

何かを考えながら花の蜜を吸う看護師

 

看護師
・・・

 

つづく

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

姿勢を良くするLINE@やってます

「あ、姿勢」

そんな気づきのきっかけとなる『おへそと姿勢のお話』をはじめとした記事更新のお知らせを、LINE@で配信しています。

  • 姿勢を意識する機会①【『おへそワークス』からの通知】
  • 姿勢を意識する機会②【更新された記事を読む】

ほぼ毎日更新していますので、最低でも一日に一度は姿勢を意識する機会となります。
ついつい忘れがちな姿勢への意識を『おへそワークス』がLINEで呼び起こします。

 

友だち追加


LINE@の詳細ページへ