看護師による退院テスト/ おへそと姿勢の物語

看護師による退院テスト
 ※このストーリーは、読者がおへそ意識や姿勢に対する意識を思い出すためのきっかけとなるように書かれたフィクションです。 
スポンサーリンク

男性患者
いよいよ明日で退院
アイツとはもう会えないのかな?

 

 

その頃、看護師は

水路で刀を持って立つ看護師

 

看護師
あの患者もいよいよ退院
でも、このままじゃまだ出せないわ!

 

病院にて

男性患者
ありがとうございましたー 
男性患者
先生ももう大丈夫って言ってたし、やっと出られるな

 

看護師
そうはいかないわ!

 

看護師のタックルをよける患者

 

男性患者
ウワッ!?

 

看護師
よけるとは、さすがね
そして倒れもしない
すっかり良い姿勢の感覚を自分のものにしたようね

 

男性患者
なんなんだ、いきなり

 

看護師
いよいよ明日で退院のようね
その前に、私からの最後のテストをパスしなさい

 

男性患者
テストだと? 

 

看護師
ええ、私には最後まであなたの姿勢を見届ける責任があるわ
まずはコレよ

 

男性患者
責任って言っても、今さら…
っていきなりこのテストか?

 

時限爆弾の解除を試みる患者と看護師

 

看護師
そう、以前あなたがやろうとしなかった時限爆弾の解除よ
知っての通り、時間内に解除するか、背中を丸めると爆発するわ 

 

男性患者
フッ、今の俺にはこんなもの
なんでもないわ

 

カチャカチャ・・・パチッ・・・

 

男性患者
できたぜ 

 

看護師
なるほど、やるわね
看護師
次はコレよ
ビートバンを私より早く嚙みちぎりなさい

 

ビートバンをかじり合う患者と看護師

 

男性患者
いったいなんのテストなんだ?

 

看護師
姿勢に決まってるでしょ

 

・・・・・・ハァ、、・・・ハァハァ・・・ハウッ、ハァ・・・

 

男性患者
な、なんとか勝った

 

看護師
素晴らしいわ
次が最後よ

 

フッ----

 

男性患者
消えた
最後のテストか

 

 

ガターーーン

 

患者ごとイスを倒す看護師

 

男性患者
こう来たか…
しかし

 

看護師
すごい
イスごと倒されてもまるで姿勢を崩さない
まさかここまで完成されているなんて

 

男性患者
当然だ
修行を積み、分身の術まで見つけた俺に死角はない

 

分身の術を使う患者

 

男性患者
ただ、全てはキミのおかげだ
ありがとう

 

看護師
ええ、私もあなたを安心して退院させることができてうれしいわ
じゃあね

 

フッ----

 

水路でフルートを吹く看護師

 

男性患者
消えた
毎度のことだけど、最後もあそこに行くんだな 

 

看護師
ホントに、じゃあね 

荷物をまとめてどこかに行く看護師

 

 

退院の日

男性患者
お世話になりました
あの、ちょっと名前わからないんですけど、いつもベッドの下から登場する看護師さん、いますか?

 

普通の看護師
ああ、アノ子ね
昨日クビになったわよ
普通の看護師
患者のスマホを肘で壊したり、病室に斧や爆弾やかき氷機を持ち込んだり
ものすごい暴れてたから当然だけどね

 

スマホを肘で破壊する看護師

 

男性患者
そうですか 
男性患者
そりゃそうだよな

 

普通の看護師
彼女の唯一のイイところと言えば、姿勢だったんだけどね 

 

男性患者
ハハ、わかります
では、失礼します

 

普通の看護師
はーい、お大事に

 

さよなら、ハチャメチャ看護師さん

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

姿勢を良くするLINE@やってます

「あ、姿勢」

そんな気づきのきっかけとなる『おへそと姿勢の物語』をはじめとした記事更新のお知らせを、LINE@で配信しています。

  • 姿勢を意識する機会①【『おへそワークス』からの通知】
  • 姿勢を意識する機会②【更新された記事を読む】

ほぼ毎日更新していますので、最低でも一日に一度は姿勢を意識する機会となります。
ついつい忘れがちな姿勢への意識を『おへそワークス』がLINEで呼び起こします。

 

友だち追加


LINE@の詳細ページへ