ライオンの苦悩と思い / おへそと姿勢の物語

ライオンの苦悩と思い

 

スポンサーリンク

 ※このストーリーは、読者がおへそ意識や姿勢に対する意識を思い出すためのきっかけとなるように書かれたフィクションです。 

 

ライオン上司は悩んでいた

窓際で腕を組むライオン上司

ライオン上司
俺はただ、みんなに気持ちよく働いてほしいだけなんだ
ライオン上司
姿勢は大事だ
だからキリンくんにしたように、姿勢の悪さが気になったら声をかける

 

 

ライオン上司
ただ、常に良い姿勢をしてるのは大変だ 

 

被り物仕事中_1

ライオン上司
インコさんやパンダさんは、普段は良い姿勢なんだから、ちょっとは力を抜いてねって意味で近づいたのに、完全に勘違いさせてしまった

 

居眠りするインコをロックオンするライオン

 

ライオン上司
最近はみんな俺に注意されるのを恐れて
仕事中も休憩中もどこかにいってしまう
ライオン上司
マズイ、このままでは、ネコ科のライオンなのに姿勢にうるさい上司ってイメージが定着してしまう 
ライオン上司
って、こんな背中を丸めてヘコんでいる姿を見られるのもマズイな

 

部屋の隅でヘコむライオン上司

ライオン上司
アレ?待てよ?
俺ネコ科だから、別に背中を丸めてるのは不自然じゃないのか
そっかそっか

 

ソファでふんぞり返るライオン上司

ライオン上司
って、違う違う
ふんぞり返ってたってダメなんだ
みんなと一緒に良い職場環境にしないと
ライオン上司
少なくとも、ライオンだからって
噛みついたりしないってことはちゃんと伝えないとな
ライオン上司
いくぜライオン 

 

いくぜって感じのライオン上司

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

姿勢を良くするLINE@やってます

「あ、姿勢」

そんな気づきのきっかけとなる『おへそと姿勢の物語』をはじめとした記事更新のお知らせを、LINE@で配信しています。

  • 姿勢を意識する機会①【『おへそワークス』からの通知】
  • 姿勢を意識する機会②【更新された記事を読む】

ほぼ毎日更新していますので、最低でも一日に一度は姿勢を意識する機会となります。
ついつい忘れがちな姿勢への意識を『おへそワークス』がLINEで呼び起こします。

 

友だち追加


LINE@の詳細ページへ