品のある姿勢とお店 / おへそと姿勢の物語

品のある姿勢とお店

 

スポンサーリンク

 ※このストーリーは、読者がおへそ意識や姿勢に対する意識を思い出すためのきっかけとなるように書かれたフィクションです。 

 

ちょっと背伸びをして、高そうな天ぷら屋さんにやってきた女性たち
 

なかなか来れない良いお店だから緊張しちゃう
 

店員さんも和服でレベルの高さを感じ、慣れない女性たちはここにいていいのか戸惑う
 

とにかく店の品位に合わせた所作をと、姿勢を崩してしまうクセをなんとか我慢する
 

頑張って我慢するけど変な声が出て怪しまれる
 

「匠」と呼ばれる料理職人は仕事中の姿勢も素晴らしい
力(リキ)みがなく、かつ脱力しているわけでもない、作業に最適な姿勢で無駄のない所作を魅せる
 

そんな職人が揚げた天ぷらをいただくと
 

あまりの美味しさに姿勢のことなんて吹っ飛ぶ女性たち
美味しいものは、自分が最も楽しめる姿でいただくことが最も適した姿勢なのかもしれない
 

もちろん場所の品位は保ちつつ、だが
 

店を後にした女性たち
美味しかった満足と、姿勢を崩せない空間から解き放たれた解放感のダブルで満足
 

場に慣れてくれば、姿勢を含めた品のある楽しみ方ができるようになるのかな?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

姿勢を良くするLINE@やってます

「あ、姿勢」

そんな気づきのきっかけとなる『おへそと姿勢のお話』をはじめとした記事更新のお知らせを、LINE@で配信しています。

  • 姿勢を意識する機会①【『おへそワークス』からの通知】
  • 姿勢を意識する機会②【更新された記事を読む】

ほぼ毎日更新していますので、最低でも一日に一度は姿勢を意識する機会となります。
ついつい忘れがちな姿勢への意識を『おへそワークス』がLINEで呼び起こします。

 

友だち追加


LINE@の詳細ページへ