王座を巡るビミョーな争い / おへそと姿勢の物語

王座を巡るビミョーな争い

 

スポンサーリンク
 ※このストーリーは、読者がおへそ意識や姿勢に対する意識を思い出すためのきっかけとなるように書かれたフィクションです。   
姿勢に悩む王子の話の続きです。

 

王子が「良い姿勢するぞ」とやる気を出してどこかに行った後も、二人の会話は続いていた
 

「あの王子より、あなたのような方こそ王になってほしい」と進言する男
 

余計なことを言ったように思われた矢先、家来の雰囲気が変わった
 

おや? 急展開
なんと家来がノッてきた
 

完全にやる気の家来
家来が王座を狙う下剋上宣言
 

家来の悪だくみを聞きつけ、王子が家来の待つ部屋にやってきた
 

「皆が俺に従うだろう」
なぜなら俺こそ王にふさわしいって言われちゃったから

ただ、そう発言するわりには随分だらしない姿勢
 

王子は驚きを隠せなかった
普段あんなに姿勢のよかった家来が、王座を狙う気になったとたん変な姿勢になってしまったのだ
 

「そんな姿勢で、ほんとうに王になろうってのか?」
 

ついさっきまで、あんなに良い姿勢をしていたのに

姿勢に自信のない王子と、姿勢悪くなっちゃった家来のビミョーな戦いの構図になった
 

どうやら悪者キャラになると、性格だけじゃなく姿勢も悪くなるらしい
 

これまでの家来との雰囲気の違いに激しく動揺する王子と、新たに王となる野心に向け微塵も迷いのない男の対照的な表情
 

 

とりあえず、家来がかなり危ない奴になってしまったので

前回同様またやる気を出した王子
 

その後家来をあっさり倒した王子
 

やはり、悪は倒されるわけで、悪い姿勢は悪者の姿勢というイメージは色濃いのです。

気を付けましょう。
悪い姿勢で調子に乗ってたら、悪者扱いされて王子にヤられますよ。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

姿勢を良くするLINE@やってます

「あ、姿勢」

そんな気づきのきっかけとなる『おへそと姿勢のお話』をはじめとした記事更新のお知らせを、LINE@で配信しています。

  • 姿勢を意識する機会①【『おへそワークス』からの通知】
  • 姿勢を意識する機会②【更新された記事を読む】

ほぼ毎日更新していますので、最低でも一日に一度は姿勢を意識する機会となります。
ついつい忘れがちな姿勢への意識を『おへそワークス』がLINEで呼び起こします。

 

友だち追加


LINE@の詳細ページへ