青春と姿勢と教師 / おへそと姿勢の物語

青春と姿勢と教師

 

スポンサーリンク

 ※このストーリーは、読者がおへそ意識や姿勢に対する意識を思い出すためのきっかけとなるように書かれたフィクションです。   

とある学校のお話

とあるクラスの担任の先生
とても姿勢が良い
 

頑張って勉強している学生に対しても、姿勢が悪いと暗に注意する先生
この学生の姿勢は惜しいようだ
 

テスト中でも姿勢の悪い学生には注意
声は出せないので、吹き戻しを当ててわからせる

「ピー」という音が気になるが、先生の姿勢も気になるところ
 

別の学生にも容赦ない
こんな指導方針で学生に姿勢と勉強を教えている
 

自分の受け持つ学生たちの姿勢をしっかり指導した結果
クラスみんなの姿勢を完璧に仕上げた先生
 

姿勢教育を通じて先生との深い絆ができた学生が、喜びを爆発させ先生に駆け寄る
素晴らしきかな青春
 

と思いきや、どさくさに紛れて一人の生徒が先生に手を出した
過酷な先生の指導に、かなり溜まっていたものがあったんだろう

また、吹き戻しの件もあって、先生自身が悪い姿勢をすることもあるのに
学生にだけ良い姿勢を押し付けることにも不満があったはずだ
 

姿勢教育は大事だが、無理やりは良くない
そして、姿勢を教える方も気をつけなければいけない

ただ、こんな姿勢にうるさい担任の先生がいてもいい

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

姿勢を良くするLINE@やってます

「あ、姿勢」

そんな気づきのきっかけとなる『おへそと姿勢の物語』をはじめとした記事更新のお知らせを、LINE@で配信しています。

  • 姿勢を意識する機会①【『おへそワークス』からの通知】
  • 姿勢を意識する機会②【更新された記事を読む】

ほぼ毎日更新していますので、最低でも一日に一度は姿勢を意識する機会となります。
ついつい忘れがちな姿勢への意識を『おへそワークス』がLINEで呼び起こします。

 

友だち追加


LINE@の詳細ページへ