オタクOLは妄想で / おへそと姿勢の物語

オタクOLは妄想で

 

スポンサーリンク

 ※このストーリーは、読者がおへそ意識や姿勢に対する意識を思い出すためのきっかけとなるように書かれたフィクションです。 

 

私は悩んでいた
 

普段から姿勢が悪く、仕事中でもこの姿勢が楽でよくやってしまう
 

一方、同僚の男性は悟りを開いたような姿勢
 

隣で作業するとその姿勢の違いに軽くショック
 

とにかくどうにかしたいので、競争心をもって勝手に彼に挑んでみた
良い姿勢を頑張ってみるけど、これがなかなかしんどくて続かない
 

いや、ムリ
 

もうこの同僚に蹴ってもらいたいくらい
そうすれば姿勢ちゃんとやる気になるかも
 

いやしかし、悟りを開いた人間が人を足蹴にできるとは思えないし、想像するとちょっとおかしい
 

仕方ない
私はオタク、妄想が得意
 

リアルに蹴ってもらうよりも、彼を見る度この同僚が怒り狂ったところを想像して姿勢を意識するようにしよう
キャラ変わっちゃうけど、妄想ならなんでもアリ
 

↓↓↓

ただ、仕事中の彼を見つけて鬼のような二次元キャラを想像しても、結局カワイイと思ってしまうのがオタク
恐ろしいというより笑ってしまって、より悪い姿勢になってしまう
 

やっぱりムリなのか
良い姿勢ってキャラじゃないから仕方ない
 

 
諦めないで、このサイト、毎日みてください

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

姿勢を良くするLINE@やってます

「あ、姿勢」

そんな気づきのきっかけとなる『おへそと姿勢のお話』をはじめとした記事更新のお知らせを、LINE@で配信しています。

  • 姿勢を意識する機会①【『おへそワークス』からの通知】
  • 姿勢を意識する機会②【更新された記事を読む】

ほぼ毎日更新していますので、最低でも一日に一度は姿勢を意識する機会となります。
ついつい忘れがちな姿勢への意識を『おへそワークス』がLINEで呼び起こします。

 

友だち追加


LINE@の詳細ページへ