モデルのいざこざ / おへそと姿勢の物語

モデルのいざこざ

 

スポンサーリンク

 ※このストーリーは、読者がおへそ意識や姿勢に対する意識を思い出すためのきっかけとなるように書かれたフィクションです。 

 

とある撮影現場

スタッフ - はーいOKです!次ツーショット写真の撮影お願いしまーす!

モデルの女の子_1

少女モデルA
まったく、モタモタやってくれるわ
私みたいな良い被写体、一発でOK出しなさいよ
少女モデルA
次はもう一人のモデルとのツーショットね
申し訳ないけど、私の実力で圧倒してあげるわ

 

スタッフ - ツーショット用のもう一人のモデルさん入りまーす

少女モデルB
よろしくお願いしまーす

 

少女モデルA
な、私より背が高いじゃない
まずいわ、このままじゃコノ子の方が目立っちゃうじゃない
しかもリボンが・・・
少女モデルA
よろしく
アナタ背が高いようだけど、ちゃんと私に合わせてよね

2人の少女モデル_1

少女モデルB
はい、よろしくお願いします
少女モデルB
あ、リボンが落ちそうですよ?
大丈夫ですか?

 

少女モデルA
このあたしに心配なんて、ムカつく子
少女モデルA
アナタのリボンは随分キレイについてるけど、まさか接着剤でもつけてるの?

 

少女モデルB
接着剤?
「軽くついてるけど姿勢良くしていれば落ちない」って
スタイリストさんが言ってましたよ

 

少女モデルA
へ?姿勢?何ソレ?

 

スタッフ - 準備できたんで、ツーショット用の撮影はじめまーす

2人の少女モデル_2

少女モデルB
リボン、キレイに乗ってなかったので
私が顔で支えておきました

 

少女モデルA
エッ!? あ、そう
背が高いって便利ね

2人の少女モデル_3

少女モデルA
余計なことしないで!
少女モデルA
と言いたいところだけど
出来上がりの写真をみたら何も言えないわ
明らかに私が助けてもらってる
少女モデルA
チッ、この私が助けてもらうなんてシャクだけど
姿勢が大事なのね、覚えとこ

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

姿勢を良くするLINE@やってます

「あ、姿勢」

そんな気づきのきっかけとなる『おへそと姿勢のお話』をはじめとした記事更新のお知らせを、LINE@で配信しています。

  • 姿勢を意識する機会①【『おへそワークス』からの通知】
  • 姿勢を意識する機会②【更新された記事を読む】

ほぼ毎日更新していますので、最低でも一日に一度は姿勢を意識する機会となります。
ついつい忘れがちな姿勢への意識を『おへそワークス』がLINEで呼び起こします。

 

友だち追加


LINE@の詳細ページへ