伸びを渇望する漫画家 / おへそと姿勢の物語

伸びを渇望する漫画家

 

スポンサーリンク

 ※このストーリーは、読者がおへそ意識や姿勢に対する意識を思い出すためのきっかけとなるように書かれたフィクションです。 

 

漫画家を目指す青年
 

真面目な青年なので、いつも良い姿勢で漫画を書き続ける日々
 

友人たちから
「頑張り過ぎだし、良い姿勢だし、真面目過ぎてつまらん」と批判される漫画家志望の青年
 

そんな批判に対し
「僕は頑張ってるんだ みんなも一緒に心の汗を流そうじゃないか」と真面目な漫画家志望青年が発言すると
 

友人たちは引くのです
 

そんな真面目な青年を放っておいて
豪快にペアストレッチをはじめる友人たち
 

お互いにストレッチをし合い、身体をスッキリさせて楽しむ2人
 

友人らを横目に青年は真面目に頑張るが・・・
 


同じ姿勢を続けて身体が固まってしまって不快なようで、集中できない
 

そして意を決して言うのです
「ちょっとだけ・・・ストレッチやりたい」
 

友人たちは当然怒ります
 

「心の汗を流そうじゃないか」なんて言ったそばから、気分転換なんて簡単には許されません
 

とはいえ身体が固まって限界な真面目な少年
涙を流しながらストレッチを懇願します
 

「そこまで言うなら」と、友人の一人が立ち上がり
 

一瞬で縛り上げセルフストレッチを強制させる奥義を披露
これには青年漫画家も喜びを隠せない
 

ストレッチで身体を伸ばして気持ちよくなった青年漫画家は、また良い姿勢で頑張るのでした
 

良い姿勢も続けていると身体には良くないですから、ストレッチも重要ですよ!
※このストーリーに出てくるストレッチは、実際にやると危険ですのでやらないでください

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

姿勢を良くするLINE@やってます

「あ、姿勢」

そんな気づきのきっかけとなる『おへそと姿勢の物語』をはじめとした記事更新のお知らせを、LINE@で配信しています。

  • 姿勢を意識する機会①【『おへそワークス』からの通知】
  • 姿勢を意識する機会②【更新された記事を読む】

ほぼ毎日更新していますので、最低でも一日に一度は姿勢を意識する機会となります。
ついつい忘れがちな姿勢への意識を『おへそワークス』がLINEで呼び起こします。

 

友だち追加


LINE@の詳細ページへ