謎の姿勢教育電話 / おへそと姿勢の物語

謎の姿勢教育電話

 

スポンサーリンク

 ※このストーリーは、読者がおへそ意識や姿勢に対する意識を思い出すためのきっかけとなるように書かれたフィクションです。 

 

落ち着いた姿勢で漫画制作をしている漫画家のおじさん
若い頃はガムシャラに漫画を書いていたようだが、ある日の出来事でおじさんの姿勢に対する考え方は変わった
 

漫画家の若い頃

イキイキと漫画を描く若い時のおじさん
 

机と顔が近づいてキスしてしまう勢い
 

そんな時、電話がかかってきた(携帯電話が普及していない時代設定)
 

謎の人
そんな姿勢で書いた漫画が売れるかボケ
 

電話で話している人が誰なのかわからないし、この人が言っている意味もわからなかった

謎の人
漫画を見てほしい子どもに、そんな姿勢で書いている姿を見せられるか?
謎の人
もし売れても、そんな姿勢で描き続けられると思ってるのか?
 
そう言われて彼はハッとした
 

電話は一方的に切られてしまった
 

若い時のおじさん
姿勢?ダメなの?
 
ちょっと考えて、彼は壊れた

若い時のおじさん
それより、俺の部屋、誰かに監視されてる?
 

若い時のおじさん
いったいヤツは誰なんだ?
いや、もうそんなことどーでもいーや
若い時のおじさん
子どもに制作中の姿を見せることが今後あるかはわからないけど
漫画を描き続けるのに姿勢は確かに大事そうだな
 

それからは姿勢を気にしながら漫画制作をし、
 

現在

おじさんは漫画家として自分のオフィスを持つところまで成長
あの時、壊れるほどの衝撃を受けたことが功を奏したよう
 

めでたしめでたし

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

姿勢を良くするLINE@やってます

「あ、姿勢」

そんな気づきのきっかけとなる『おへそと姿勢の物語』をはじめとした記事更新のお知らせを、LINE@で配信しています。

  • 姿勢を意識する機会①【『おへそワークス』からの通知】
  • 姿勢を意識する機会②【更新された記事を読む】

ほぼ毎日更新していますので、最低でも一日に一度は姿勢を意識する機会となります。
ついつい忘れがちな姿勢への意識を『おへそワークス』がLINEで呼び起こします。

 

友だち追加


LINE@の詳細ページへ