突然の残念な告白 / おへそと姿勢の物語

突然の残念な告白

 

スポンサーリンク

 ※このストーリーは、読者がおへそ意識や姿勢に対する意識を思い出すためのきっかけとなるように書かれたフィクションです。 

 

何やら大事そうな作戦会議中

男A
なぁ、ところで
姿勢良い人と悪い人、どっちが信用できる?

 

男B
そりゃ姿勢良い人
 

男A
ごめん、正直に言うとオマエのこと姿勢悪いなって時々思ってて
だからあんまり信用してないんだよねー
 

男B
え?
 

男B
ちょっと待て

 

男A
いや、触らないでマジで

 

男B
そんなこと、今言う?
悲しいやんけ
 

大事な時に信用されないことのないように、普段から姿勢のこと気にしましょうね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

姿勢を良くするLINE@やってます

「あ、姿勢」

そんな気づきのきっかけとなる『おへそと姿勢のお話』をはじめとした記事更新のお知らせを、LINE@で配信しています。

  • 姿勢を意識する機会①【『おへそワークス』からの通知】
  • 姿勢を意識する機会②【更新された記事を読む】

ほぼ毎日更新していますので、最低でも一日に一度は姿勢を意識する機会となります。
ついつい忘れがちな姿勢への意識を『おへそワークス』がLINEで呼び起こします。

 

友だち追加


LINE@の詳細ページへ