デキる息子 / おへそと姿勢のお話

 

スポンサーリンク

 ※このお話は、読者がおへそ意識や姿勢に対する意識を思い出すためのきっかけとなるように書かれたフィクションです。 

 

長男が大きくなって、二人目も生まれて、休日に家族でお揃いルックでお出かけ

食事に入った飲食店で、長男が他のお客さんから

「えらいね~ちゃんとお座りして」

って褒められているのを見て

パパ
あれ?そういえば俺たち親は、ちゃんと座れてるのか?
褒められることはないにしろ
子どもにちゃんとした姿勢で座ってる姿を見せているのか?
 
と疑問に。

その足でスポーツ用品店に行き、バランスボールを物色
奥さんと二人で、ちゃんと座るようにしようと確認した

バランスボールに乗る両親と見守る子

「ねー、かえろーよー」

という長男を振り切り、

パパ
お前のせいだからな
お前がイイ子だから俺たちがこんなことやってんだ
 
と、デキる息子への嫉妬と、2人の子どもにちゃんとした大人の姿を見せなければという責任感を感じながら、もうしばらく夫婦で弾み続けた休日となった

パパ
こうやって、良い姿勢の良い家族になっていこう
 
そう決意したその後、息子の声を無視し続けバランスボールに夢中になり過ぎた結果、デキる息子がいじけちゃって背中を丸くさせてしまったことは、悔やまれるのであった

犬と一緒にいじける子ども

ごめんなさい

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

姿勢を良くするLINE@やってます

「あ、姿勢」

そんな気づきのきっかけとなる『おへそと姿勢の物語』をはじめとした記事更新のお知らせを、LINE@で配信しています。

  • 姿勢を意識する機会①【『おへそワークス』からの通知】
  • 姿勢を意識する機会②【更新された記事を読む】

ほぼ毎日更新していますので、最低でも一日に一度は姿勢を意識する機会となります。
ついつい忘れがちな姿勢への意識を『おへそワークス』がLINEで呼び起こします。

 

友だち追加


LINE@の詳細ページへ