この医者ダメ / おへそと姿勢のお話

この医者ダメ

 

スポンサーリンク

 ※このお話は、読者がおへそ意識や姿勢に対する意識を思い出すためのきっかけとなるように書かれたフィクションです。 

小学校の授業にて

先生
はいちゅーもーく
今日は「同じ絵を見てもみんな感じ方が違うよ」「人ってみんな違うんだよ」っていうことを勉強します
B さん
この絵を見てどう思いますか?

医者と患者のイラスト_1

児童A
髪の色と、口元のシワと、パンツの色

 

先生
うん、正解
って違う違う。間違い探しじゃないよ

 

児童B
お医者さんの方が高そうなイス
年収高そう

 

先生
そうだね
高そうだね
鋭い視点だね

 

児童C
患者さんの顔が同じだから、片方はカツラつけてズボンだけ履き替えたバージョン
でもたぶんお医者さんは賢いからすぐに同じ人物だと気づいて「コイツ変装してまた来やがった」って思ってる

 

先生
うん、そうかもね
先生
他には?

学校の授業_170603

児童D
この患者さん、両方仮病

 

先生
どうしてそう思うの?

 

児童D
だって、二人とも姿勢良いから元気そうだもん
そしてこのお医者さん、全然ダメ

 

先生
どうしてダメなの?

 

児童D
このお医者さん、患者さんより姿勢悪いから
先生がいつも「姿勢良くしなさい」って言ってるのに、このお医者さんはできてない

 

先生
そうだね、このお医者さんダメだね
そこに気づいてくれて、先生うれしいです

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

姿勢を良くするLINE@やってます

「あ、姿勢」

そんな気づきのきっかけとなる『おへそと姿勢の物語』をはじめとした記事更新のお知らせを、LINE@で配信しています。

  • 姿勢を意識する機会①【『おへそワークス』からの通知】
  • 姿勢を意識する機会②【更新された記事を読む】

ほぼ毎日更新していますので、最低でも一日に一度は姿勢を意識する機会となります。
ついつい忘れがちな姿勢への意識を『おへそワークス』がLINEで呼び起こします。

 

友だち追加


LINE@の詳細ページへ