カニのせい? / おへそと姿勢のお話

間と姿勢の悪い男

 

スポンサーリンク

 ※このお話は、読者がおへそ意識や姿勢に対する意識を思い出すためのきっかけとなるように書かれたフィクションです。 

 

男は半泣きだった
 

わからない、理解に苦しむ
なぜいきなりあんなことを言われたのか

ただ、涙を流すしかなかった


きっかけは5分前

海辺の崖で女性が自撮りをしていた
海辺で自撮りする女性_1

偶然、彼女の後ろに立っていた一人の男
男は崖のキワに立ち、足もとを見ていた
男の足下には、小さなカニが

男はカニを見ていた
すると急に女性が近づいてきて一言
「サイッテー」
 

彼女は続けた

「私の写真にアンタの猫背写真が映りこんで、今世紀最高の写真が台無しよ
波、太陽、私の表情と髪のなびき具合、全て完璧だったのに、もうこんなチャンス二度とないわ
どーしてくれんのよ」

「まったくこんなところで男が一人何下向いてフラフラしてんのよ
写りこむんだったら、せめてシャキッとた姿勢で海の遠くを眺めるクールな姿にしなさいよ」

カニを見ていた男、寝耳に水
あまりにも理不尽な言い分に、ただただ疑問と悲しみにこらえるしかなかった
 


姿勢とタイミングが悪かった男に非がありますね
カニのせいにするのは男らしくない

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

姿勢を良くするLINE@やってます

「あ、姿勢」

そんな気づきのきっかけとなる『おへそと姿勢のお話』をはじめとした記事更新のお知らせを、LINE@で配信しています。

  • 姿勢を意識する機会①【『おへそワークス』からの通知】
  • 姿勢を意識する機会②【更新された記事を読む】

ほぼ毎日更新していますので、最低でも一日に一度は姿勢を意識する機会となります。
ついつい忘れがちな姿勢への意識を『おへそワークス』がLINEで呼び起こします。

 

友だち追加


LINE@の詳細ページへ