未来の姿 / おへそと姿勢のお話

未来の姿

 

 ※このお話は、読者がおへそ意識や姿勢に対する意識を思い出すためのきっかけとなるように書かれたフィクションです。 

 

左の人は未来が見えるらしい
 

右の人は自分の未来を見てもらうことにした
 

左の人、それっぽい雰囲気で右の人の未来を見てみる
 

右の人から「ぼわぁ」と何か出てきた
 

右の人には自分の未来の姿は見えないから、左の人が解説してあげる

左の人
随分背が小さくなっているね
背中が丸いのか、下を見ているよ
左の人
こんなに元気のない「THE・老人」になるんだねキミは
 

左の人
あと、言いにくいんだが・・・
左の人
ハゲてる
左の人
キミのその帽子?をとった姿を見たことがないが、そういうことだったのか
 

右の人が衝撃を受ける中、左の人がさらに追い打ちをかける

右の人
未来みるの、とりあえず500万でいいよ
 

左の人
たけぇ
年取って背中丸くなってハゲるっていう未来を教えられて500万請求するって鬼
 


ハゲはわからないけど、姿勢は変えることができるはずだよ、右の人