インフルエンザによる異常行動 / おへそと姿勢のお話

インフルエンザによる異常行動

 

 ※このお話は、読者がおへそ意識や姿勢に対する意識を思い出すためのきっかけとなるように書かれたものです。 

 

インフルエンザにかかった子どもって、興奮して窓を開けて飛び出したり、意味わからんこと言いだしたりするらしいな

 

インフル患者の異常行動に注意を 厚労省が対策公表へ - 産経ニュース

こわい話やなぁ
インフルエンザって「風邪のひどい版」みたいに思われがちやけど、全然ちゃうよな

 

窓に鍵かけたり、できるだけ一緒におったらなアカンとか
ただ寝かせとけばエエってわけじゃないとなると、保護者も大変やな

子どもを看病する母i_1

異常行動するんやったら「普段全然せぇへんけど急に姿勢良く座りだす」とかならよかったのにな

 

「意味わからんけど、なんか頭良さそうな会話をはじめる」とかな

 

俺ら、考え方平和過ぎるよな

 

まぁ、年中お揃いの腹巻きしてる時点で、世間からみたら絶賛異常行動中やけどな

 

ほな、俺ら二人はインフルエンザかかってんのかな?

 

誰が病人やねん

 

ハハハ

 

ハハハ

oyajis_1


そんな平和な話やったら、わざわざニュースになりません。
体調管理にはお気をつけましょう。
ちなみに「普段全然せぇへんけど急に姿勢良く座りだす」は、異常行動じゃなくて普通であるべきですよ。