イスだけじゃない 子どもに指導すべき体育座り姿勢

 
家庭でも学校でも、子どもがイスに座る時の姿勢を指導することは多いですよね。

では、体育座りはどうでしょう?
せいぜい「膝を抱えて座る」くらいの認識で、自分が子どもの時にちゃんと教わった記憶がある、あるいは自分の子どもに体育座りを指導したことがある、という人は稀なのでは?

ここでは、「実は体育座りの姿勢もイスに座る時と同様、子どもたちにとっても重要なんですよ」ということをお伝えいたします。

体育座りの姿勢

教育現場でよく見られる「体育座り」。
「体操座り」や「三角座り」とも呼ばれますね。

学校教育の中では

  • 朝礼において貧血などによる転倒防止
  • 安定して地面に座ることができる
  • 狭い範囲に大人数が座ることができる
  • 両手をしっかり組むことで手遊びが無くなる

といった理由でよく採用されます。

体育座りの姿勢と集中力の関係

小学5年生を対象に、体育座り姿勢の違いによる気分と集中力への影響を調べた論文がありまして、そこでは以下4つの体育座り姿勢を比較しています。

  • 背すじを伸ばした体育座り(左上)
  • 背中を丸めた体育座り(右上)
  • 背すじを伸ばした体育座り崩れ(左下)
  • 背中を丸めた体育座り崩れ(右下)

体育座り実験_3
出典:岡嵜淳, & 伊藤政展. (2016). 体育授業で見られる座位姿勢が児童の気分と注意の集中に及ぼす影響.

結果をザックリをまとめると、

  • 「背すじを伸ばした体育座り」は、快適で生き生きとした気分になる
  • 「体育座り崩れ」は、背すじの状態にかかわらず不快で気だるい気分
  • 「背中を丸めた体育座り」は、リラックスした気分を示した

ということです。

崩れた体育座りはいろいろネガティブ

足を崩した体育座りでは、背中が真っすぐかどうかは関係なく、ネガティブな気分なんですね。

あと、「背中を丸めた体育座りはリラックス気分」とありますが、ボーっとしていたり眠気を感じていることがあるので、教師の話を聞いたり、仲間の動きを観察することが大切な体育の授業中では避けたい姿勢です。

児童にイキイキと授業を受けてもらうには、体育座りの姿勢は軽視できないということです。

「体育座り」指導のポイント

教育現場で体育座りをさせる時の指導のポイントは、ただ「膝を抱える」のではなく、”しっかり膝を引きつける”です。

それだけで足を崩す「体育座り崩れ」はもちろん、体育座りの目的とも言える「手遊び」を防ぐことができますから。

あと、「背すじを伸ばした体育座り」は、つい背中を反らせてしまいがちですが、それだと背中への負担が大きいので、腹筋(おへそ)に少し力を入れるように座り方を指導してあげることが望ましいですね。

とはいえ、なかなか小学生にたくさん注文してきれいに座らせても、それはまた集中力を欠かせる原因になるので、膝を引きつけるだけで十分でしょう。
姿勢おへそ_1【解説】良い姿勢ってどんなの? おへそ意識ってどうやるの?

まとめ:体育座りはあなどれない

大人になると、体育座りはあまりしませんから、子どもに指導する側もポイントを伝えづらいとも言える体育座り。
授業や行事などで子どもにちゃんと話を聞いてほしい時には、体育座りでただ座らせるだけでなく、姿勢もちゃんと指導すべきです。

ただ、あまりに長時間になると、児童にとって姿勢良く体育座りを続けることは大変ですから、体育座りをさせている中でも「休め」を導入して、手で膝を抱えたまま背中を丸める「リラックス姿勢」をする時間もアリかと。

体育座りの姿勢をあなどってはいけない