ストレートネック改善に効く「ペンギン体操」

ストレートネックペンギン体操

 

本来あるはずの首の骨のカーブがなくなり、真っすぐになる症状、ストレートネック。
スマートフォンの普及で発症する人が増えていて、首の痛みや肩こりの原因になると言われています。

正常対ストレート1

そんなストレートネックの解消法が、2018年1月15日にTBS系列で放送された『名医のTHE 太鼓判 腰痛・肩こりを引き起こす体のゆがみ解消SP』で、日本整形外科学会専門医・神戸克明医師によって紹介されていました。

ストレートネックの原因

神戸医師によると、ストレートネックの根本的な原因は肩甲骨周りの筋力にあるとのこと。

肩甲骨筋肉首を後ろへ
TBS系列『名医のTHE 太鼓判 腰痛・肩こりを引き起こす体のゆがみ解消SP』2018年1月15日放送分

この筋力が弱いため、首を後方に引く働きがなされず、首の正常なカーブを維持できずにストレートネックになってしまうそう。

そこで、神戸医師は、肩甲骨周りの筋力の確認方法と、その筋肉を鍛える運動を2つ指導してくれました。

筋肉の状態を確認

まずは筋肉の状態が正常かどうかの確認方法。

ストレートネック解消太鼓判1
ストレートネック解消太鼓判5
TBS系列『名医のTHE 太鼓判 腰痛・肩こりを引き起こす体のゆがみ解消SP』2018年1月15日放送分

両肘を身体の前で合わせて、アゴの高さまで上がれば、肩甲骨周りの筋力は正常とのこと。

番組出演者が実演してみると、合わせた肘がアゴまで上がらない人や、肘を合わせることができない人もいて、この人たちは、筋力が弱い可能性があります。

運動1

一つ目の運動は、上で紹介した肩甲骨周りの筋力確認の動きを繰り返すことで鍛えるというもの。

ストレートネック解消太鼓判2
ストレートネック解消太鼓判6
TBS系列『名医のTHE 太鼓判 腰痛・肩こりを引き起こす体のゆがみ解消SP』2018年1月15日放送分

両肘を合わせてアゴまで上げた状態を5秒キープする運動を繰り返し、肩甲骨周りの筋肉を鍛えます。

アゴまで上がらなかったり、左右の肘がつかない人は、頻繁にトライするだけでも必要な筋肉を刺激できそうですね。

運動2

もう一つ紹介された、ストレートネック改善のための運動が『ペンギン体操』。

ストレートネック解消太鼓判3
ストレートネック解消太鼓判4
TBS系列『名医のTHE 太鼓判 腰痛・肩こりを引き起こす体のゆがみ解消SP』2018年1月15日放送分

腕を限界まで後ろに下げて、開いたり閉じたりを繰り返す運動。

これだけで、肩甲骨周りの筋肉を鍛えることができるようです。

まとめ

どちらの運動も簡単で、スキマ時間にできそうですね。

筋肉が弱るということは、使っていないということ。
ストレートネックが心配な方は、ここで紹介した運動でしっかりと筋肉を使って、ストレートネックの予防、解消に励みましょう。

ちなみに、この方法を指導した神戸医師曰く、「ストレートネックで首に不調を感じたからといって、首をひねっても効果は薄い」とのことで、大人しく運動した方がいいそうですよ。

コチラもcheck
この番組で深刻な首の骨のゆがみが発覚したタレントの安めぐみさん。
そのヤバい首になってしまった生活習慣を、下の記事をみて参考にしてください。

安めぐみのMAXヤバい首
安めぐみ ブログどころじゃないヤバい状況