スマホユーザーが知るべき頭と首と姿勢のこと

スマホと首6448_1

 

首、痛くないですか?
姿勢心配人です。

今、この記事をスマートフォン(スマホ)で見ている人もいるかと思いますが、そんなスマホを使う時に知っておいてほしい大事なことをシェアします。

個人的には下で紹介する図を、スマホ購入時に付属品としてつけてほしいくらい、スマホユーザーには大事なことだと思います。

スマホ使用時の首への負荷

スマホを見る時には、頭を前方に傾ける姿勢をよくします。
まさに今、そんな姿勢をしている人もいるのでは?

この姿勢が身体によくないことは、多くの人が知っていると思います。
では、実際どれくらい首に負荷がかかるのか、脊椎外科の専門家であるケニス・ハンスラ医師(New York Spine Surgery & Rehabilitation Medicine)が、2014年の報告で以下の図を使って説明しています。

textneck_degrees1
引用:Hansraj KK.Assessment of stresses in the cervical spine caused by posture and position of the head.Surgical technology international.2014  Nov;25:277-9.

大人の頭の重さはだいたい5kgとされています。
正常な首の角度であれば、その頭の重さ(=5kg)が頭を支える首にかかる負担といえます。
この図では、スマホを操作する時のような頭を前に傾けた姿勢だと、首には頭の重さ以上の負荷がかかることを示しています。
また、傾ける角度が深くなるにつれて首への負荷も増していき、15度傾けるだけで首の骨に12kgの負担に、30度になると18kgの負担になることが図からわかります。

 

ほんの少しの頭の傾きで首の骨と筋肉に影響する

屋外でタブレットを操作する男性_1

15度や30度の頭を傾けるなんて見た目ではちょっとしたことですし、60度位の首の傾きも生活の中では頻繁にしているはずです。
でも、60度の頭を前に傾けると、首にかかる負荷は27kgにもなります。
27kgです。

首を傾けることによって、生活に支障が出るほど首に違和感を感じることは少ないかもしれませんが、頭を傾ける度にこれだけの負荷がかかっていて、その都度、首の骨や周りの筋肉が頑張っています。

首や肩が頻繁に凝る人や、違和感をよく感じる人は、首まわりの筋肉が頑張り過ぎているからかもしれません。
そしてその原因は、スマホを見ている時の頭の位置、ということです。

 

知ってるだけで違う

スマホで写真を撮るブロンド女性_1

これを知っていると、日常の中で頭の位置や首まわりのケアがいかに大事かがわかるかと思います。
気が付いた時には首をストレッチしたり、プロの手の力を借りて筋肉の状態を整えましょう。

そして最も大事なことは、上の図を参考に、必要以上の負荷がかからない頭の角度をできるだけ維持してあげることです。
スマホ使用時であれば、できるかぎり画面を顔の高さまで上げたり、それ以外でも、テレビの前で、読書中、歩いている時でも、頭の位置が首まわりをラクに保つためには重要になります。

意識次第でいつでもどこでも、すぐにできることなので、ご自分の身体のために、是非取り入れてみてください。

 

スマホ首を防ぐ方法

スマホなどのモバイル機器を使っている時に、頭を前に出す姿勢のことを「テキストネック」や「スマホ首」「ストレートネック」「鶏首」などと言います。
下の記事で「スマホ首」を防ぐ方法を紹介していますので、読んでみてください。