「ブービー賞」の認識を正しましょう

ブービー賞の認識

 

この記事は
「姿勢を正す」のと一緒に、「間違った認識を正す」シリーズです

今回は「ブービー賞」についての認識を正したいと思います。

最下位から2番目の人のことを「ブービー賞」と言いますよね。
ゴルフやボウリングのほか、どんな競争においても、ビリから2番目の人に対して使う言葉として広く浸透しています。
ですが、本来「ブービー」とは最下位のことなんです。

「ブービー(booby)」は英語で「バカ者」という意味で、ゴルフで最下位の人を冗談で表彰したことが「ブービー賞」のはじまりと言われています。

本来このブービー賞を獲得した人は、粗品をもらっておもしろおかしくスピーチをする流れなんですが、この文化が日本に広まると、(弱者に優しい国民性なのか?)ゴルフコンペなどでブービー賞の景品がわりと豪勢なものになることが多くなりました。

日本人、優しいな

こうなると、豪勢な景品目当てにブービー賞(最下位)狙いの参加者が増えたため、「これはイカン」とブービー賞の順位を最下位から2番目に変更することになったものが、今日本で定着しているブービー賞です。

なので「ブービー賞=最下位から2番目」は日本だけで、海外では変わらず「ブービー賞=最下位の人」の認識です。
なので外国人と競争して、ブービー賞の話題になったら、使い方に気をつけましょうね。

まとめ
ブービー賞は本来「最下位の人」のための賞。「最下位から2番目」という認識は日本だけだよ

身体の姿勢と一緒に、超有名な芸術作品の認識も正しておきましょう。