【解説】良い姿勢ってどんなの? おへそ意識ってどうやるの?

良い姿勢ってどんなの? おへそ意識ってどうやるの?

ここでは、「あっ、姿勢ちゃんとしよ」と意識したものの

  • 「良い姿勢ってどんなの?」
  • 「良い姿勢ってどうやるの?」
  • 「おへそがどうこう書いてるけど、ナニソレ?」

という方にむけて、それぞれ解説していきます。

スポンサーリンク

良い姿勢ってどんなの?

横から見て耳の穴、肩、腰、膝、くるぶしが一直線上にある状態です。
この形ができていれば、背骨が自然なS字カーブとなる生理的に正しい姿勢となり、姿勢を保持するための筋力が効率よく使われ、身体に負担の少ない状態だと言えます。

 

良い姿勢ってどうやるの?

姿勢は兎にも角にも背骨です。
そしてその背骨を立たせるのが背筋。
姿勢の良し悪しに関係なく、上半身が下半身の上で保持されている状態では、少なからず背筋は自然と働いています。
なので、姿勢を考えるうえでは主役は背筋です。

ただ、背筋にばかり意識を強く持つと、正しい姿勢とならず腰や背中に強い負担を与えます。
そこで腹筋を使って背筋をサポートすることで、良い姿勢をし、維持します。
腹筋で姿勢をサポートする、という認識はあまり一般的ではありませんが、そのイメージを知ることで意識しやすくなります。

 

「おへそ」ってどういうこと?

正しい姿勢をするための情報として、多くの専門家がそれぞれ様々な意識ポイントを挙げアドバイスをしています。
それらはどれも効果的ですが、意識するポイントがあり過ぎたり複雑だったりして、実際に良い姿勢をすることへのハードルとなることも。

おへそ意識は、たくさんある意識ポイントを「おへそ」一点に集約することで、そのハードルを下げたアプローチです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

姿勢を良くするLINE@やってます

「あ、姿勢」

そんな気づきのきっかけとなる『おへそと姿勢のお話』をはじめとした記事更新のお知らせを、LINE@で配信しています。

  • 姿勢を意識する機会①【『おへそワークス』からの通知】
  • 姿勢を意識する機会②【更新された記事を読む】

ほぼ毎日更新していますので、最低でも一日に一度は姿勢を意識する機会となります。
ついつい忘れがちな姿勢への意識を『おへそワークス』がLINEで呼び起こします。

 

友だち追加


LINE@の詳細ページへ