姿勢心配人が本当に心配していること

本当に心配してること

 

当サイト『おへそワークス』は姿勢心配人が運営しています。

「姿勢心配人」と名乗るとおり、人々の姿勢を心配しているわけですが、ここでは「なぜ姿勢を心配する必要があるのか」「なぜ姿勢をちゃんとしないといけないのか」を、心配人としての活動やこのサイトの理念として、以下に心配している順にまとめています。

第1位 : 印象

悪い姿勢によって、他人にネガティブな印象を持たれていないか心配です。

普段から猫背が習慣となっている人は、周囲から「暗い」「弱い」「頼れない」といったネガティブな印象を持たれるし、実際、猫背姿勢の人に対しこのような印象を持った経験があるかと思います。

人にどう思われようと関係ねぇ!

という風潮も一部ありますが、多くの場合、社会は他人とのつながりでできています。

他人とつながるうえで、「どう見られるか」「どう思われるか」を気にすることは大切ですよね。

下の図は化粧品会社が「初対面で好印象を抱く外見のポイント」を調査した結果です。

ドクターシーラボ調査_170803
引用:知らない人は「損」をしています!初対面で「得」をするのは “きれいな肌”。好印象を抱く外見のポイントTOP3に“美肌”がランクイン!!-PRtimes

初対面で与える印象に、姿勢が大きく影響していることがわかります。

調査項目にあるような、髪や清潔感、服装、爪などで好印象を得ようとすると手間と時間、お金がかかります。

一方、姿勢による見た目改善は意識一つででき、時間、手間、お金をかける必要はありません。

印象に大きく影響するのに、こんなにもお手軽に取り組める「外見アップ法」を取り入れない手はありません。
だから姿勢心配人は、姿勢を通しての心配事トップに、この【印象】を挙げています。

第2位 : 姿勢に関するイメージと知識

「印象を良くしよう」と良い姿勢を心がけているのに、その姿勢が理想的な正しい姿勢ではなく、身体にムリのある姿勢をしていないか、心配です。

9割の人勘違い
9割の人が勘違いしている「良い姿勢の意識」

この記事にあるように、9割の人が「正しい姿勢=背すじを伸ばす」というイメージを持っている一方、現代の姿勢の専門家や研究者は「背すじは伸ばすな」と、世間の「正しい姿勢イメージ」と専門家の意見にギャップがあります。

姿勢を利用して【印象】だけをコントロールしたいのであれば、その間だけ「背すじを伸ばす」という手は悪くありません。

ただ、その結果身体を痛めたり不快感が残ると、その後「痛いから、辛いから」という理由で姿勢を正そうという気がおきなくなるかもしれません。

また、「正しい姿勢=健康」というイメージがあるかと思いますが、理想的な姿勢がどんなものかを理解していても、常にその姿勢でいれば完璧、ということでもありません。
姿勢の良し悪しに関わらず、同じ姿勢を長時間続けていれば、血流や筋肉の状態が悪くなり身体への負担となります。
つまり、正しい姿勢も万能ではなく、使い分けが大事ということ。

こういった姿勢に関するイメージや知識を正しておかないと、良かれと思ってやっていることが逆に悪い結果へとつながってしまうので、心配なんです。

ちなみに下の記事では、姿勢改善に興味をもった時に、知識として備えておいてほしいことを書いています。

矯正前に知っておくべきこと
姿勢矯正の前に知っておくべき「2つの姿勢」

第3位 : 筋肉(死ぬまで姿勢を維持できる筋肉の使用状況)

悪い姿勢(特にうつむき姿勢・猫背姿勢)を習慣としている人が、年をとってから自分の姿勢を操作できなくなって、やりたいことができなくなることが心配です。

ザックリ言うと「健康寿命」に対する心配で、具体的に言うと、姿勢を維持するための筋肉の衰えに対する心配です。

姿勢を自分でコントロールすることは、あらゆる動作の基本です。
立つ、座る、歩く、物を持つ…意識の有無に関わらず何をするにしても、「姿勢を保つ」という動作ができていないと、こんな風になります。

また、自分の老後の姿勢って心配になりませんか?

背中が丸くなって動きにくそうなお年寄りは、どうしても動きに制限があります。
スーパーに買い物に行くのはもちろん、家事やトイレに立つことでさえ大変そうです。

人生100年が珍しくない時代、人生の時間は長くなったけど、自分の思い通りに動けないなら生きている喜びを味わいきれません。

そもそも、背中が丸くなってしまう大きな原因の一つは、筋肉の衰え。
上半身を支える腹筋の機能が衰えてしまうと、前かがみの姿勢になります。

その状態で生活を続けると、背骨に負担がかかり、圧迫骨折や骨格の変形により背中が立ち上がらなくなってしまいます。

腹筋と姿勢_2
なぜ【腹筋】が【姿勢】に大事なのか、わかりやすく説明

筋肉は使わないと衰えていくので、老後に背中を丸くしたくなければ、背骨を支える筋肉を意識的に使って、衰えを予防していくしかありません。

うつむき姿勢・猫背姿勢では、体幹の筋肉はあまり働かない一方、姿勢を正しその姿勢を維持するためには、体幹の筋肉の働きが必要ととります。

つまり、意識的に姿勢を操作するということで筋肉の状態を維持し、年をとっても制限にとらわれない生活を送ることができるハズなんです。

ただ、その準備ができていない人のことが心配です。

第4位 : 心の健康(メンタルヘルス)

姿勢の悪さが影響する精神面(メンタル)での健康状態が心配です。

「姿勢が悪いとうつ(鬱)になりやすい」とか、「姿勢によって気分が変わったり、元気度が変わったりする」ということが研究で報告されています。

「うつ病予防には良い姿勢とスキップが◎」という研究
「うつ病予防には良い姿勢とスキップが◎」という研究

また、猫背のようなうつむき姿勢だと、考えや発言がネガティブになるという研究報告も。

姿勢だけで気分は変わるの
ストレス対策には”姿勢” 「良い姿勢でポジティブ」は本当だった

つまり、姿勢によってある程度自分の精神状態をコントロールできるということです。

姿勢と精神面の影響はすごく心配しがいのあることなんですが、心配事の順位としては第4位と、それほど高くはありません。

その理由は、もし自分がネガティブな気分な時に、

よっしゃ、姿勢を正して気分変えよ

と、姿勢でどうにかしようとするかな?と考えた時に、ちょっとイメージしづらかったから。

もちろん姿勢の効果は研究で明らかになっている通りなんですが、気分が落ちてしまってから姿勢をチマチマ操作するよりは、無理矢理にでも運動して、身体を大きく動かした方が精神改善には効果的と考えているので、そこは「運動しようよ」が本音です。

ただ、「良い姿勢でポジティブ・・・」の記事にあるように、ネガティブな気分になる前に、意識的に”前向き”な姿勢をすることで、暗い気分にならないよう予防的な対策は可能です。

なので、生活の中で良い姿勢を取り入れることは、メンタルヘルスにすごく大事です。

第5位 : 身体の健康

アレ?【身体の健康】って5位なの?と意外に思われるかもしれませんが、もちろん全然心配していないわけではありません。

当サイトにアップする情報には、下の記事のように、姿勢と身体の健康に関するものも当然あります。

長時間のパソコン作業でバランス能力低下してるかも
椅子に長時間座り続けると「要介護」リスクが上がるかも

不良姿勢が原因で、背骨まわりの筋肉や靭帯への負担が大きくなることは研究によってわかっていますし、そのせいで腰痛など、身体の不調を感じる人がたくさんいるのは事実。
また、姿勢が呼吸の質に影響したり、自律神経やホルモンバランスに影響するとも言われています。

そして、姿勢を理想的な形にすることで、身体の問題が解決されたり、健康になるというイメージを持っている人がたくさんいます。

ただ、理想的な・完璧な姿勢は果てしなく難しい。
人は動きますし、どんな人でも生活動作にクセがあり、左右差・前後差はどうしてもあるので、必ず身体のどこかに負担が偏ります。
はっきり言って、どんなに追い求めても、完璧な負担のない姿勢はムリです。

必ずどこかに偏りや負担は生まれ、それが原因で身体に不調が出るのであれば、その対処には身体の状態を評価・治療できる医師や治療家など専門家に頼ることがベストです。

もちろん自分自身で姿勢を意識することで、身体への負担を軽減させることは可能ですが、説明したように無害な姿勢はムリなので、健康問題の解決になるほどの効果は期待できません。

なので、姿勢心配人としては【身体の健康】をメインの目的として姿勢を心配していません。

【身体の健康】への心配は、あくまで”おまけ”くらいに考えています。
1位の【印象】、3位の【筋肉】、4位の【メンタルヘルス】を心配して姿勢を意識していたら、副作用的に【身体の健康】にもよかった、程度に考えています。

番外編:それぞれの心配事が絡まり合う

【印象】【知識】【筋肉】【メンタルヘルス】【身体の健康】。
それぞれの心配事が絡まりあって、負の連鎖に発展することを心配しています。

例えば、

  1. 【知識】がないから良い姿勢と思って意識的に腰を反っていたら腰痛になった。(【身体の健康】)
  2. 腰が痛いからやる気が出ない。(【メンタルヘルス】)
  3. やる気が出ないから印象が悪い。(【印象】)
  4. 腰が痛い(【身体の健康】)し【印象】も【メンタルヘルス】も悪いと外出しなくなり、運動不足で【筋肉】衰える。
  5. さらに良い姿勢できなくなる。
  1. ストレスで【メンタルヘルス】に問題が出る。
  2. 身体の調子も悪くなる(【身体の健康】)。
  3. 身体を動かす気にならず【筋肉】衰える。
  4. 元気のない姿勢によって【印象】悪くなる。
  5. さらに【メンタルヘルス】を害す。

どんな順番の流れであれ、意識して「良い姿勢をする」ことで、これら負の連鎖のブレーキになるはずですが、とにかく心配です。

結論:姿勢心配人が本当に心配していることは・・・

以上、姿勢心配人が心配している要素を5つ、強く心配している順に並べました。

姿勢を通じて社会とうまくつながるための印象を手に入れたり、死ぬまで姿勢を操作して好きなことができる身体でいようとしたり、心身の健康だったり。

こうやって並べてみると、姿勢心配人はその名の通り姿勢を心配していますが、それはすごく表面的で、本当に心配しているのは将来的な「人生の質」です。

姿勢心配人は、「人はだれでも姿勢を意識することをきっかけに人生の質を良くすることができる」と信じています。
だから、全力で心配して、姿勢の意識をお届けしていきます。